☆ふみふみ日記☆

fumimm.exblog.jp

札幌で保健所出身のふみと 暮らす預かりワンコ達の新しい飼主探しの日記

2009年 10月 18日 ( 1 )

飼い主の責任

先日ニュースで痛ましい事件を知った。

”犬にかまれ4歳死亡 大型2匹放し飼い 祖母が管理人 目離したすき 那珂川町の山荘”

普段の飼われ方は大体想像がついた。

犬にとって中学生以下の子供は『人間』として認識されないと
本で読んだことがある。
犬は自分より「下の者」に対しては、容赦がない子も少なくない。
子供が噛まれる事故になるケースは、そういった性質の子が多いんじゃないだろうか。

もちろん自分より弱い子に対しても、優しく寛容な犬も多いし
自分より弱い子に対して容赦がない子の場合も、あくまでも飼い主がリーダーとして
コントロールし、事故が起こらないように日頃から注意を払い、慣れさせていれば
行動は違ったものになるはずだ。
その犬の性質は世話をする人間ならある程度わかっているはずだし
管理の仕方もそれにあったものでなければ意味がない。

おそらくこの犬達は4歳の子供を『家族』だと、『噛んではいけない』対象だとは
教えられていなかったんではないだろうか。

2匹の犬は保健所に収容されたという。
犬を飼う人間は、他人事と思ってはいけない事件だと思う。

詳しい記事・・・
[PR]
by fumi_mama | 2009-10-18 23:18 | 犬の躾とトレーニング

札幌で保健所出身のふみと 暮らす預かりワンコ達の新しい飼主探しの日記


by fumi_mama