☆ふみふみ日記☆

fumimm.exblog.jp

札幌で保健所出身のふみと 暮らす預かりワンコ達の新しい飼主探しの日記

2009年 06月 02日 ( 1 )

犬が人を咬む時1

反対意見もあると思うけれど、私はどんな犬でも状況さえ揃えば人間を
噛むことができる動物だと思っている。

状況というのはひとつにはその犬の成育環境。
人間を信じられない環境で育てば、どんなに大人しい性質の犬でも
自己防衛本能から噛むこともある。

その犬の元々の性質や持病などもあるかもしれないけれど
子犬の頃から飼われている犬が噛む場合、私が知るかぎりは
飼い主が犬を強く叱り付けるなどして、恐怖感を与えていた。

飼い主の側からすれば『躾けとして叱っただけで、酷い暴力をふるったわけではない』
反論が聞こえてきそうだが、”恐怖”というのは単純に身体に与える痛みだけではない。
多くの犬にとってポカンと頭を叩かれる痛みそのものより、服従の姿勢を示しているのになお
大声で怒鳴ったり、追いつめるような叱り方をする方が精神的にダメージが大きいと感じている。

もちろん犬によって受け止め方も違うので、同じ叱り方をしても
反撃してくる犬、してこない犬で差はあるだろうけど。

犬に与える恐怖については、飼い主以外の人間が原因になる場合もある。
大抵は恐怖を与えた人間(飼い主の場合が多い)に反撃するものだけれど
中には人間全般を攻撃対象にする犬もいるかもしれない。

犬が噛むケースとして他に、自分の執着するものやテリトリーを守ろうとしてだったり
自分の気に入らない行動をやめさせるために噛む場合もある。

f0066862_179341.jpg

                ---保健所に収容されていた時のテンさん---

    ・・・実はワタクシ、テンさんに一度噛まれています。。
    
    『ええ?? そんな凶暴な犬だったの??』なんて言わないでくださいね。

    テンはもともと人間に慣れていない犬です。(たぶん育った環境から)
    そんな人間に捕獲檻で捕らえられ、保健所に収容されて怖くてたまらなかったのでしょう。
    迎えに行った時はかなりいっぱいいっぱいでした。。(汗)    

    収容されている間も、反応のない子だったと聞きました。
    (どういう反応をするかわからないので、保健所の人も触らなかったとか・・)
    それと他の犬に対して攻撃的な態度を一度見せたことがあったそうで
    迎えに行く前に実は『譲渡に向かないかもしれない』と連絡をもらっていました。

    他に問い合わせた人もいないので(成犬で中型以上の雑種は希望者が少ない・・)
    わかりやすく言うと『殺処分していいですか?』の連絡だったんですけどね。。
    お願いして私が直接見に行くまで待ってもらいました。
   
    直接会って反応を確認してみると、人馴れしてないだけで問題なかったんで
    連れて帰ることに。
    収容されてから固まったまま一歩も外に出てなかったテン氏。。。
    ギクシャクと歩き出し外へ出ると、少し緊張が緩んだのかパカリと口を開けた。(笑)
    保健所の獣医さんも収容以来初めてテンの歯を確認。
    
    そして我慢していた膀胱の筋肉も緩み、保健所の前でジャーと長い排尿。。(焦)
    
    場所は室蘭・・・札幌まで車で移動のためにバリケンへ・・・と思ったら
    捕獲時の恐怖からか完全拒否。
    車に直接乗せようにも、車に乗るのも怖いテンさん。。
    そんなテンさんを獣医さんが抱っこして車に乗せてくれました。

    ・・・事件(?)はこのあと起こったのだった。。   
[PR]
by fumi_mama | 2009-06-02 12:32 | テン

札幌で保健所出身のふみと 暮らす預かりワンコ達の新しい飼主探しの日記


by fumi_mama