☆ふみふみ日記☆

fumimm.exblog.jp

札幌で保健所出身のふみと 暮らす預かりワンコ達の新しい飼主探しの日記

2007年 10月 17日 ( 1 )

クオリティーオブライフ

先日の日曜日、北大と酪農大主催による、現代GP市民公開セミナーに
出席してきましたよ。

  メインは寿命が長くなってきた犬の老後について
 
  昔は病気などが原因で、犬はそれほど長生きはしなかったけど
  今の日本の犬はワクチンは打ってるし、栄養状態も良いので
  15歳~20歳まで生きてる子もたくさんいます。
  
  そこで重要になるのが『Q.O.L.』 (クオリティーオブライフ)

  人間と同様に、動物だって「幸せに年を重ねたい!」ってこと。


    その中で出たお話で印象に残ったのは
    愛するペット(家族)を亡くした時、当然飼主さんは悲しみますが
    その悲しみの多くは「後悔」だということ。
    「ああしてあげればよかった」「もっとなにかできたんじゃないか」
    さらにその中で、意外なほど多かったのは

    治療の中身や方針について
 
    最近、動物医療における飼い主と獣医師のコミュニケーションの重要性が
    問題になっているように思います。
    もう少し言うなら「コミュニケーション不足」

    「あの治療で良かったのか」「もっと他に良い病院があったんじゃないか」
  
    (これは動物医療に限らず、人間の医療にも共通してますが)

    獣医さんの何気ない一言が、飼主さんを傷つけてしまったり・・・
    治療についても、飼主さんの納得のいかないことだったり・・・
   
       老犬医療に限らず、ペットを飼ってる人のほとんどが
       多かれ少なかれ体験してるんじゃないかな~と思う。       

       ペット(家族)を失った人の多くが、愛するものの死と同時に
       そうした”罪悪感”をかかえてるんだと知って、考えさせられました。
    
       ----動物病院について私の場合ですが
       現在いくつか動物病院を使い分けしています。
       今のホームドクターになるまで、ホームドクター選びは
       慎重にしましたが
       だからといって、ホームドクターだけを”崇拝”せず
       診療の中身によっては別の病院にも行ってます。
       (ホームドクターも知ってます。あまりこだわらない人だし)
       目的は、愛犬の健康維持なので、あまり獣医さんに気を
       使いすぎる必要もないかな~と。。     
       なるべく言いたいことは言うようにしてます。

    ☆セミナーの体験記は、近いうちのアップします☆
      (いくつかためになる情報もあったので)
[PR]
by fumi_mama | 2007-10-17 12:38 | 動物愛護

札幌で保健所出身のふみと 暮らす預かりワンコ達の新しい飼主探しの日記


by fumi_mama