☆ふみふみ日記☆

fumimm.exblog.jp

札幌で保健所出身のふみと 暮らす預かりワンコ達の新しい飼主探しの日記

去勢手術2

テンの去勢手術が無事に終わりました。
仕事帰りに迎えに行くと、予想通り恐怖でへたり込んでるテンの姿が・・・。
(いろいろと怖いものが多いので・・・)
まぁ、ビビリ~だから仕方がない。

毎回手術の際には執刀医から色々と話を聞くようにしている。
病院によって措置が違うので、何も聞かずに「そうするもんだと思ってました」と
考えるのは飼主側の不手際も多いと思うから。
何かあってから後悔しても遅いのだ。(話を嫌がる獣医ならさっさと他に行く)

いつも麻酔方法やペインコントロール(痛み)、術中の管理方法なんかを聞くんだけど
今回は傷口の縫合方法とエリザベスカラーについても聞いてみた。

一口に「縫合」といってもいろいろある。
単純に安い病院を選択する方もいるだろうけど、個人的には多少オプション料金が
加算されてもいいから、納得のいく方法でお願いしたいと思う。

ステープラー(皮膚縫合用ホッチキス)での縫合だと、気にする子はかなり気にする。
傷口よりもステープラー自体を気にして舐めてしまうようにも感じていたので、今回はそれは選択したくなかった。
ステープラー以外の「非吸収糸の糸」にするか「吸収糸の糸」にするか考える。
執刀医と話し合った結果、今回は「吸収糸の糸」で真皮縫合してもらうことにした。
(注:吸収系の糸で皮膚を縫合すると炎症が起きる場合もあるので、病院や執刀医によっては断られる場合もあると思います。執刀医との話し合いで大丈夫かどうか確認してください)

術後の患部はこんな感じ↓(ちょっとグロくてごめんなさい・・)
f0066862_1304837.jpg

様子を見てるけど、しつこく傷口をいじる様子はないので
今の所エリザベスカラーはしてません。

テンは家に帰ってからお水をガブ飲みして、トイレを済ませたら
病院で震えていたのが嘘のようにリラックスしてました。
まるで「今泣いたカラスがもう笑った」風に・・・
f0066862_1373831.jpg

              手術翌日のテン(すっかりいつもの通り)
手術後の夕飯は普段の4分の1をあげる。
テンはすぐに完食。(物足りなさそうにしてたけど当日はセーブしないとね)
緊張して疲れたのか、そのままぐっすり寝てました。若いせいかな~
f0066862_13104538.jpg

個人的には不妊手術は迷って歳を重ねてしまうより、早めにしてあげた方が
犬猫自身の負担が少ないので、若いうちにしてあげることを薦めます。

もかなり大きくなってきたので、10月か11月には手術をする予定。
[PR]
by fumi_mama | 2008-09-20 12:34 | テン

札幌で保健所出身のふみと 暮らす預かりワンコ達の新しい飼主探しの日記


by fumi_mama