☆ふみふみ日記☆

fumimm.exblog.jp

札幌で保健所出身のふみと 暮らす預かりワンコ達の新しい飼主探しの日記

仔猫はじめました。(涙)

はぁ。。

私が子猫を拾う事件にみまわれたのは昨日の夜です。

仕事を終え帰宅しようと、会社前に置いていた自転車の鍵を
開けている時でした。

    『・・びゃ~  びゃ~・・・』

どこからか鳴き声が聞こえます。
会社の玄関脇に資材を積んでいる場所があるんだけど
ブルーシートで覆ってあってよく見えない。

猫(大人の)でもいるのかな?

なんの気なしにブルーシートの奥を覗き込んだのが運のつきでした・・・。

子猫が1匹、チョコチョコと出てきて・・・

             ??!

                  驚く間もなく、わらわらと・・・
f0066862_16151851.jpg

f0066862_16155425.jpg

f0066862_1616335.jpg

                  ひぃぃぃ~・・・・・
                          ・・・4ぴきもいたのかい・・・

半ばパニックになりつつ、ちょうど帰りかけていた会社の人間を捕まえる。
どうやら親猫が産んだらしい。(猫の目撃情報がいくつか)

総務部長  『親がいるんだったら、親に返せばいいだろう!』

私 『いつもは親が来るまで隠れてたのかもしれませんが、来ないから
    出てきたんじゃないですか。 そもそもこのままココで子育てさせるんですか?
    あっという間に猫だらけになりますよ』 (資材が崩れたら死ぬし)

総務部長  『・・・・・・そ、それはそうだけど』

私が親猫らしき姿を見たのは1度だけ、3日前の火曜日です。
どうやって、気づかれずに育てていたのか。。。
軽い脱水症状を起こしているらしいし、1匹は元気がなく動きが鈍い。
とりあえず獣医さんに見せないと。
主治医に電話してみました。(いてくれよ~) いた!

私『先生、子猫拾っちゃったぁ~!!今から行ってもいいですか!』

爆笑しながらも、来ていいよと言ってくれたので会社の車を借り
そばにいた同僚に連れて行ってもらいました。

先生の見立てでは生後3週間くらいではないかということ。
しかし自力での排泄はまだ出来ず・・・
何食べさせたらいいだろう~と、パニックに陥っている私に向かって先生は言った。

『とりあえず預かるから。置いていっていいよ』

ありがと~うっ。。(感涙  少し猶予ができた)
[PR]
by fumi_mama | 2008-05-17 16:00 | 4ニャン

札幌で保健所出身のふみと 暮らす預かりワンコ達の新しい飼主探しの日記


by fumi_mama