☆ふみふみ日記☆

fumimm.exblog.jp

札幌で保健所出身のふみと 暮らす預かりワンコ達の新しい飼主探しの日記

今のうちから出来ること1

     ふみは最低18歳まで生きる予定だ。
     毎日、呪いのように本犬にそう言い聞かせている。
     
去年、引越しを決意したのも、ふみの老後を考えてのことだった。
リビングにつづいている和室は、ふみが痴呆症になった時に置くサークルを
設置するのに最適だ。
   まだ2歳半なのになにを気の早い・・・と思われるかもしれないが
   若いうちから準備しておかないと、老犬になってから後悔することもあると思う。
f0066862_11235972.jpg

                      『ご飯、ちょうだい』

  ふみは基本的に何でも食べられる。
  ドックフードはもちろん、野菜や果物、生肉や魚・・・『遊び食い』など考えられない。
  一度でいいから『うちの仔は食が細くて~(マダム風)』とか言ってみたかった。
  でもそれは、そのように育てたせいなのかもしれない。
  仔犬の頃からドックフードしか食べたことのない仔が、他の食べ物を
  食べられなくなってしまった・・・そんな話を聞いたことがあったので
  なるべく色んな食べ物を食べさせるようにしていた。
  いつアレルギーになるかわからないし、決まったものしか食べられない仔には
  したくなかった。
f0066862_1140143.jpg

                    『ご飯、まだですか?』

オーレは、意外と食べられない物が多かったりする・・・。
果物や生肉は、今のところ食べられない。(雑草やウン○は食べるくせに・・)
犬だって歳をとれば免疫が落ちてくるので、ビタミンを補給できるものを
食べられるようにしておかないとね。
f0066862_12342223.jpg

                     『いただきます』

f0066862_12345620.jpg

                     『いただきます』

最近、お肉や野菜を煮たスープをフードにかけてるせいか、食いつきが非常にヨロシイ。
ヨロシ過ぎて、食べ終わってもなかなか立ち去ってくれないほどだ・・・。(汗)
散歩やご飯の時間は、ワンコにとっては大事なので
出来るだけ有意義なものにしたいと思う。
楽しみが多い方が、長生きもしやすいよねー♪   
[PR]
by fumi_mama | 2006-07-06 12:42

札幌で保健所出身のふみと 暮らす預かりワンコ達の新しい飼主探しの日記


by fumi_mama