☆ふみふみ日記☆

fumimm.exblog.jp

札幌で保健所出身のふみと 暮らす預かりワンコ達の新しい飼主探しの日記

幸せを祈る

センターから引き出しを手伝った純血種の仔がいた。

引き出しを希望した飼い主さんとは面識はなかったけど
知人からの依頼で、友人と運搬を手伝った。
   『センターまで直接犬を見に行った』 
   『以前犬を飼っていた』
   『広い敷地でノビノビと暮らせるから』
その言葉を単純に信じていた。

    ・・・馬鹿だった。

  
   とあることがきっかけで、その仔を再びセンターに戻そうとした飼い主は
   私が思っていたような人間ではなかった。
 

甘ったれで人を信頼していたその仔。。。
車で運搬した時に、私の目をジーっと見て、そうして私を信頼してくれた。
お腹をゴロンと見せて全身で甘えてくれたね。
車から降ろした後も、他の人ではなくずっと私を見ていてくれたね。

・・・・ごめんね。

私を信じてくれたのに、その信頼を裏切ってしまう結果になった。


           『犬好きに悪い人間はいない』


   私はその言葉を信じていない。
   犬を捨てるのは『犬好き』の人だから。
   ・・・わかっていたはずなのに。

    私が運搬した時につけてあげた首輪と、お古のリードのまま・・・

・・・ただで手に入れた犬に、お金はかけられませんか?
混合ワクチンに狂犬病ワクチン・・・そんなお金はかけられませんか?
外飼いにして番犬にする・・・ブラッシングなんて必要ありませんか?
この仔は本当はとっても美しい毛並みをしてるんです。
きちんと手入れをすれば、どんな風になるか・・・どうでもいいことでしたか?

  あなたにとってはもういらない仔・・・。
  それでも、心配してくれた人は大勢いました。
  2日かけてブラッシングして、シャンプーに4時間近くかけてもらって・・・
  優しい人の手を経て、新しい飼い主さんの元に行きました。
  綺麗になったその仔の笑顔は輝いていました。
  

今度こそ幸せに・・・そう祈らずにはいられない。
今度はお家の中で、大事にしてもらえるよ。
キミはとっても良い仔だから、幸せにならないと嘘だからね。

   
  人間を信じてくれてありがとうね。
  あなたの幸せを祈ってます。(チェックするからね!笑)
[PR]
by fumi_mama | 2006-06-08 23:38

札幌で保健所出身のふみと 暮らす預かりワンコ達の新しい飼主探しの日記


by fumi_mama