☆ふみふみ日記☆

fumimm.exblog.jp

札幌で保健所出身のふみと 暮らす預かりワンコ達の新しい飼主探しの日記

血小板減少症の犬が増えている?

4月になってすぐ、札幌市から狂犬病ワクチン接種の案内が届きました。

札幌市は委託動物病院でワクチン接種をしてくれます。

しかし今年テンさんは、狂犬病予防接種は受けられない。。

免疫介在性血小板減少症のため、ワクチン関係は全部ダメだと獣医さんから言われている。
案内の書類を見ると『猶予』のチェック欄があるから、それに該当するのかな??
とりあえず今度の診察時に聞いてみることにする。

免疫介在性血小板減少症は自身の免疫で、血小板を攻撃してしまう病気。
血液細胞は赤血球、白血球、血小板で構成されている。
テンの場合はまず血小板が減少して、症状が悪化すると次に白血球、赤血球が
減少していくみたい。
一時、赤血球の数値が下がり始めた時があって、さすがに焦った・・・。

免疫抑制剤の種類を変えてからは、数値が落ち着いてきたけど
それでも白血球は少なめだし、血小板も平均値に比べまだまだ少ない。
投薬でようやくコントロールできてる状態なんで、まだまだ安心できない。

そういえば、血小板減少症を発症する犬が以前に比べて増えているらしい。
これは開業してる複数の獣医さんの話で、K先生は『昔に比べて血液検査をする犬が
増えたから発見される割合が増えたせいかもしれない』
と言っていた。
つまりそれ以前は、原因不明でお亡くなりになる場合もあったということか?

ウェブで検索してみると、非常に残念なことだけど、発症してすぐに亡くなってしまってる犬も複数いた。
症状が出てから病院に連れて行ってる飼い主さんが、多いみたいなのと
今は元気だからと治療を受けずに様子を見る、という飼主さんのブログもあった。

治療や検査を受けさせたがらない飼い主さんも多いと、獣医さんが話していたのを思い出した。

ウェブで検索するとマルチーズやシー・ズー、プードル、Mダックスに多い
と書いている人もいるけど、テンは雑種だし、黒いし、中型犬だ。
遺伝性ではないというけど、日本の場合はいい加減なブリードのせいで
色んな病気が広まっているから、そうしたことも増えてる原因のひとつなのかもしれない。
by fumi_mama | 2011-04-07 12:44 | 犬の健康

札幌で保健所出身のふみと 暮らす預かりワンコ達の新しい飼主探しの日記


by fumi_mama