☆ふみふみ日記☆

fumimm.exblog.jp

札幌で保健所出身のふみと 暮らす預かりワンコ達の新しい飼主探しの日記

テンの闘病記9~やっぱり血小板って大事~

免疫介在性顆粒球減少症ならびに血小板減少症
というテンさんの病。

自己免疫が強すぎて、自分の血液細胞(血小板・白血球・赤血球)を
どんどん破壊してしまうという恐ろしい病気である。

お薬の効きが悪く、一時0.7万μlにまで落ち込んだテンさんの血小板数値。
そして時を同じくして頻発した血尿・・・。

『膀胱炎』との診断を受けてはいたが、無関係とは思えない。
I先生に聞いてみると
『血小板が5万μlを切ると自然に出血してくる傾向にある』との回答。
(一番恐ろしいのは頭蓋内出血・・・涙)
うう、やっぱり血小板って大事。

今は投薬治療を受けてるんだけど、まずステロイドを使う。
アレルギーなんかでよく使われるので、知ってる人は多いと思うけど
大量に長期に使うと健康被害を伴う薬でもあるために注意が必要だ。



テンさんの場合もステロイド錠剤を大量に使えば、血小板はすぐに上がる。
しかし肝臓の数値が悪化するなど、副作用もその分大きいので
なるべくステロイドの量を少なくして、それを補うための免疫抑制剤を
併用して使ってる。(免疫抑制剤は臓器移植などの時に使われるお薬)
しかし種類もお値段もピンキリで、効き目は個体差もある。
最初の免疫抑制剤の効きは悪かったので変更した。

お薬をかえて4週目。
0.7万μlだった血小板が2週目には4.0万μlにまで回復し
先日の4週目検査では、なんと14.6万μlにまでアップ!
反応が良いので治療を継続して、経過を見ながらお薬を減らしていくことになった。

とりあえず安心
[PR]
by fumi_mama | 2010-11-22 12:44 | テン

札幌で保健所出身のふみと 暮らす預かりワンコ達の新しい飼主探しの日記


by fumi_mama