☆ふみふみ日記☆

fumimm.exblog.jp

札幌で保健所出身のふみと 暮らす預かりワンコ達の新しい飼主探しの日記

「新しい飼い主探しネットワーク事業」

ふみは石狩庁の「新しい飼い主探しネットワーク事業」を通して引き出しました。
札幌市以外の近郊の自治体に収容された犬は、そのシステムを通して譲渡される
ことができるのです。
しかし札幌市の動物管理センターと違って、収容犬の情報はウェブ上では一切公開
されません。
画像も当然ありません。

一部のサイトでは、札幌市の管理センターに収容された犬を心配して、いろいろな人が
呼びかけを行っていました。
北海道以外の人からもセンターに問い合わせがあるそうです。
とても優しい人達だと思いますが、何故ウェブ上で公開されている情報だけを
とりあげているのだろうと、不思議になりました。
保健所は日本中どこにでもありますよね?

遠方からの緊急ヘルプも最近よく目にします。
「リンクを貼ってください」と呼びかけられてるワンちゃん達の命も、もちろん大切です。
でもそんな時ふと、「里親募集を呼びかけてもらえる仔は幸運だ」と思ったりもします。
犬は自分で”里親募集”ができません・・・・。
遠方から「ぜひうちの仔に」と空輸される命もあれば、そのすぐそばで消えている命が
確かにあるのです。

画像は出ない・・・情報も出ない・・・それでも、収容されている犬はいるのです。
そうして・・・・人知れずひっそりと・・・・・消えていくのです・・・。
f0066862_22415928.jpg

どうか忘れないで下さい。
ウェブ上に公開される情報だけが全てではないことを。
すぐ側にも助けを必要としている”命”があるのだということを。

新しい飼い主を待っている犬は、あなたの近くにもいるのです。
犬を飼いたいと思っていらっしゃる方、「新しい飼い主探しネットワーク事業」に登録して
出会いを待ってみませんか?

身近なところにも・・・助けを必要としてる命はあるのですから・・・。
[PR]
by fumi_mama | 2006-03-09 22:52

札幌で保健所出身のふみと 暮らす預かりワンコ達の新しい飼主探しの日記


by fumi_mama