☆ふみふみ日記☆

fumimm.exblog.jp

札幌で保健所出身のふみと 暮らす預かりワンコ達の新しい飼主探しの日記

日本ではまだ当たり前の考え方なのか・・・

先日、3月で退職する人の送別会(飲み会)があった。
そこでの席でのこと。

以前ワンコを飼っていたオジサマ方とワンコの話題になったんだけど・・・
年配の方なせいか、犬に対する考え方が旧式。。。

オジサマA 『うちの犬は食べ物があると唸る。 ご飯の入れ物に手を入れようものなら
         噛み付かれた。犬というのは皆そういうものだ』

 私     『・・・うちの犬はそんなことしませんよ。 教えますし。』

オジサマA 『いや、ブリーダーに聞いたら、そうだと言っていた。犬は狼が祖先だから』

 私     『・・・それは単にブリーダーが訓練方法を知らないだけでしょう? 』

オジサマA 『いや、ブリーダーが言うんだから間違いない!』

・・・ご飯のことでイチイチ攻撃されてたら、私ならたまらないぞ。

成犬の引き出しをやる立場としてみれば、ご飯の入れ物に手をいれられるかどうかは
必ず確認することで、『犬というのはそういうものだ!』などと開き直って、矯正しないと
いうことは考えられない。
私は犬の専門家でもないし、犬で商売をしてるわけでもないけれど
コントロールできない犬を、コントロールできない人間に渡すことほど
恐ろしいことはないと思っている。
犬に対する愛情があれば、そもそも出来るわけがない。
子犬の頃から教えていれば、後が楽なのに残念。
(だからただ売れれば良いというペットショップやブリーダーは大嫌い)

またオジサマ達の飼い方は旧式で、犬に言うことを聞かせるためには力(暴力)で
抑える意外にはない、と考えているのがわかって閉口した。。
しかし彼らは動物好きでもあるので、去年私が拾った4匹の子猫を会社にいる間
ひそかに写真を撮ったりして、『飼い主が決まらなければうちで!』と思っていたという。(初耳)

・・・先住猫を未だに放し飼いしてる時点でまず無理デス。。(ありがたいけど・・)

f0066862_12503058.jpg

                    最近のふみさん
[PR]
by fumi_mama | 2009-03-29 10:25 | 犬の躾とトレーニング

札幌で保健所出身のふみと 暮らす預かりワンコ達の新しい飼主探しの日記


by fumi_mama