☆ふみふみ日記☆

fumimm.exblog.jp

札幌で保健所出身のふみと 暮らす預かりワンコ達の新しい飼主探しの日記

<   2010年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧

犬の病気とブリード

『雑種って丈夫よね』

連れている犬が雑種の場合、たまにそんなことを言われる。

怪しげなブリーディングを繰り返して量産される日本の純血種に比べれば
確かに遺伝的な疾患は少ないかもしれない。
日本の純血種の遺伝病発生率が異常に高いので、単純に比較してよいのかどうか
迷うところではあるが・・・。

しかし雑種といえど、病気を全くしないわけではない。
人間と同じように生きていれば病気になることもあるのだ。

『元気だったのに突然死んでしまった』とかいうケースの中には
単に飼い主が異常に気づかなかっただけだったり
定期的に健康診断をしていれば、病気だったとわかったケースもあるだろう。
人間の場合と大きな違いはない。(あるわけがない)

言葉を話せない生き物の場合、『ちょっと最近調子が悪いかな』程度の症状だと
表に出さない場合がほとんどじゃないだろうか。

個人的には、大なり小なり病気を持っていて普通、というのが私の認識。
なんで今回のテンの場合も、ちょっと冷たいくらい冷静に受け止めることが出来た。

しかしもしテンが純血種で、交配させようと考えていた場合
(現実には去勢済みだけど)私は迷わず交配を中止する。
遺伝的な疾患ではないかもしれないけど、どんな病気であっても発生のリスクが0では
ない限り、あえて危険をおかす気にはなれない。
保護犬の場合、血統にまつわる病歴はわからないことがほとんど。
雑種だろうと純血種だろうと交配はしないので、不妊手術は絶対に必要となる。

自家繁殖をさせる場合、自分の犬が(今の所)健康にみえれば
深く考えないで交配させてしまうことも多いと思う。
多少犬の知識があるペット関係者(トリマーやドックランのスタッフなど)の
無責任な助言がある場合も知っている。
(個人的にはそういう”自称犬の専門家”とのお付き合いは避けたいが・・)

私の場合、ブリードや『自分の犬に子供を産ませたい』欲求は皆無だが
もし自分がそうした立場に置かれたら、一番重視するのが
”犬の健康と性質”だろう。
飼い主も犬も長く穏やかに暮らせるように。
[PR]
by fumi_mama | 2010-06-22 12:50 | 動物愛護

免疫介在性汎血球減少症

テンさんの診断結果・・・

          免疫介在性汎血球減少症、、だそうです。。

            ・・・き、聞かない・・・猫のウィルス感染ではよくあるけど・・犬では聞かない・・・汗

    とりあえず、治療開始。
     投薬療法なんだけど、結果を判定するための血液検査は必須。
     しばらくは1週間置きに採血だぁ・・・哀れなテン・・・(ごめんよ)
f0066862_12353769.jpg

                気がちっさいわりに欲張りなテンさん。

ふみとテンにオモチャを与える時、二つ同じものをそれぞれに渡しても
自分のはすぐに飽きて、ふみの持っているオモチャが欲しくなる。。
f0066862_1238144.jpg

       しまいにはいくつもオモチャを抱え込む・・。(↑3つ抱え込む図)

近づかれると唸る・・・とかいうことはなくて、あくまで抱え込んでるだけ。(苦笑)

薬を飲むと喉が渇くので尿量が増えるらしい。
散歩だけでしかしないとキツイらしいけど、室内トイレがあるから大丈夫かな。
とりあえず留守中対策として、トイレを2つ⇒3つに増設する。

しばらくは頑張るテンさんなのでした。
[PR]
by fumi_mama | 2010-06-21 12:27 | テン

骨髄検査の結果

先週実施したテンの骨髄検査の結果が判明しました。
血液のがんではない、とのことです。

とりあえず安心・・・なんですか、そう聞いても実は全く感動がない。。
『良かった!ありがとうございます!!先生っ!(涙)』とか、言って
おいたほうが良かったかしら・・・と後になって思う。
(頭の中は今後の治療方針でいっぱい)

電話でとりあえず検査の結果をお聞きしたので
まだ病院に行って詳しい話を聞いてはいないんだけど免疫系統の異常だという話。
・・・実は、私もその確率がかなり高いと思っていた。

骨髄検査もしなくてもいいかな、くらいのもんだったんだけど
けっこう珍しい患者(テン)みたいなんで、先生も調べてみたかったみたいだし(気持ちはわかる)
まぁ、何事もはっきりさせておいた方が間違いはないだろう。

とりあえず、テンは元気。
気にしてくださった方、ご心配ありがとうございました。
[PR]
by fumi_mama | 2010-06-20 12:26 | テン

骨髄検査

テンさん、本日骨髄採取のため半日入院しました。
先週の木曜日に血液検査の詳細結果が出たのですが、やはり異常値。
選択肢は ①とりあえず様子をみる。
       ②骨髄検査をしてみる。
       ③とりあえずステロイドを入れて様子をみる。
        
①は私の中ではあり得ないし、ステロイドを入れてしまった後
骨髄検査が必要になった場合、すぐには正確な値がとれなくなってしまうので
骨髄検査をすることに決めました。

超ビビリ~なテンさん・・・
車=病院=怖い!をすっかり覚えてしまい・・・(涙)
キャリーに入れた時点でブルブル震えてます。。

  車、キャリー=病院怖い!の因縁を断ち切ろうにも
  白血球がヤバイことになってるんでドックランにも連れていけない。。
  ・・・頭が痛い・・。

全身麻酔のため前日の夜から食事も水もナシ。
朝は私が起きないうちから、トイレでウンチをしてることもあるのに
今日はしてない。。(こんな日に限って・・・)
散歩に出ればするだろうけど、お水をあげられないのでそれも出来ない。
昼近くまで待ったけどしてくれないので、仕方なく病院へ。

テンがいない午後。
ふみは・・・・なんの問題もないようにリラックスして・・・相変わらずドライ。
青さんだけは、テンを探してにゃ~にや~言ってました。

午後お迎えに行って説明を聞く。
無事に骨髄採取は終わり、腫瘍も確認できなかったとのこと。
白血病でもないらしく、おそらく免疫系統の異常ではないかとの話。
病理組織検査は1週間後にわかるという。

I動物病院は紹介で来る患者さんが多い血液疾患の専門病院。
・・・気になったので聞いてみた。
 私 『テンのような子(血液検査データの)は、よく来るんですか?』
 I獣医師 『・・・いや。あまりないですね。・・・正直言って』

 ・・・やっぱり。

 とりあえず出来る検査は皆してもらうことにした。
 (獣医学に多少なりとも貢献できればいいんだけど)

f0066862_12474816.jpg

                           『疲れました』
f0066862_12502935.jpg

  骨髄採取と聞いたんで、腰骨からとるもんだと思ってたら
  大腿骨からの採取でした。(ハゲが出来てる所)

  全身麻酔だったので病院から 『今日は普段のテンちゃんとは違うかもしれません』
  食欲もないかも・・・と聞いてましたが、夕飯完食・・・。
  麻酔後なんでお水を沢山飲むのは他の子と同じ。
  うちは室内トイレがあるから、こういう時は非常に便利。
  夜の間も2回トイレに起きてシッコをしてました。
f0066862_12562651.jpg

      疲れたろうから爆睡かと思いきや、、、、
      窓を開けていたら『風の音が怖いから、落ち着いて眠れない!(涙)』と
      鼻を鳴らして落ち着かないので、仕方なくエアコンを入れてあげる。。
      不経済な子・・。
[PR]
by fumi_mama | 2010-06-14 15:40 | テン

再検査の結果

最初に血液検査をしたのが5月15日。
再検査は5月29日。

結果は 白血球2400個、  血小板6.6万個

・・・・・・まだ下がってる。。。

S獣医師は言う。
   たぶん造血システムに異常があると思うんで、大学病院で骨髄の検査をしてもらうか
   免疫機能の異常なら、ステロイドを打ってみて様子をみるって手もあるけど


私  『先生は、同じような症例を診た経験ありますか?』
S獣医師 『1回だけ。急性白血病の子で大学病院に急いで連絡したけど
       2週間くらいで亡くなってしまった』

私  『素人考えですが、白血病ではないと思います。
    白血病なら逆に白血球が増えるんじゃなかったでしたっけ?』
S獣医師 『急性ではないだろうけど・・・』

S獣医師は、人当たりが良く親切。
病院は家から歩いて行ける距離だし、血液検査とかの機材もあるんで利用してるけど
私の中ではそういった位置づけなんで、治療等はやんわりとお断りをいれる。

テンさんは元気で食欲もあるし、緊急ではないだろう。

原因がよくわからないうちに、犬の負担が大きい骨髄検査も同意しかねる。
とはいえ素人なんで、今後の方針をどうするかよく考えないと。

・・・考えてみた。(興味のある人はクリック)
[PR]
by fumi_mama | 2010-06-04 12:36 | テン

血液検査の結果

ふみなんか半年くらい洗ってなかったんだけど、ようやく仕事が少し少なくなる時期に
なったんで、犬達を洗って狂犬病ワクチンを打ちに行くことにする。

ワクチン接種の前に採血して血液検査もしてもらう。
年に一度は健康チェックの意味で血液検査をしてるんだけど
この時期にするのは、フィラリア検査も同時に出来るので効率がいいから。

検査項目が多いせいか30分くらい待つ。

そして異常判明・・・。

テンさん、白血球と血小板の数値がかなり少ない!
(まずい。採血した後に狂犬病ワクチン打ってしまった・・・)

実はテンさん、うちに来てすぐに調べた時点で血小板の数値が低めだった。
正常値(機械や病院によって前後する) 19~54万個に対して17.3万個
とはいえ、個体差もあるし、過剰反応するほどでもないんでそれほど気には
していなかった。
血液検査担当のS獣医師も『もっと低い子もいるから』と言っていた。

翌年の結果は、11.1万個
・・・低いんだけど、他に異常はないしS獣医も『元々低い子だからね』と言っていたしでスルー。
そして今年・・・8.3万個。。
・・・低い。 というか段々減ってきてる。(汗)
しかも白血球が正常値6400~15900個に対して、2800個という結果。
白血球に異常が出たのは今回が始めてのこと。(他の数値は全て正常値)

とりあえず抗生剤をもらって2週間後に再検査することになった。
[PR]
by fumi_mama | 2010-06-03 12:09 | 犬の健康
去年から社内で一番多忙な部門へ配置転換となり
残業や休日出勤の日々となり・・・(涙)
あげくの果てに、仕事以外のモロモロを担当させられ
自分の時間がない状態に。。

セミナーに行って、レポートをまとめるくらいならまだ良いんだけど
『聞いてきた内容を後日社内で講義しろ!』との指令がキツイ・・・。
講義するほど内容に精通してる分野でもないし、講義資料を作るのも
大変なのに、かといって通常業務を減らしてくれるわけでもなし。

精神的に余裕がないと、ネットやメールのやりとりをするのが
後回しになるため更新をやめておりました。

年末のお休みに入ろうかとホッと気をぬけば、疲労がたたって
腰に激痛が走り、正月休みを寝て過ごすありさま。
(ついには年賀状の返事もかかずじまい・・・すみません)

とまぁ、人間の状況はこんな感じでした。
[PR]
by fumi_mama | 2010-06-02 21:56 | ニンゲン社会のこと

踊る猫

f0066862_1715458.jpg


ほんとーに、久々の更新。。(汗)
[PR]
by fumi_mama | 2010-06-01 17:15 |

札幌で保健所出身のふみと 暮らす預かりワンコ達の新しい飼主探しの日記


by fumi_mama