☆ふみふみ日記☆

fumimm.exblog.jp

札幌で保健所出身のふみと 暮らす預かりワンコ達の新しい飼主探しの日記

<   2009年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

飼い主の責任

先日ニュースで痛ましい事件を知った。

”犬にかまれ4歳死亡 大型2匹放し飼い 祖母が管理人 目離したすき 那珂川町の山荘”

普段の飼われ方は大体想像がついた。

犬にとって中学生以下の子供は『人間』として認識されないと
本で読んだことがある。
犬は自分より「下の者」に対しては、容赦がない子も少なくない。
子供が噛まれる事故になるケースは、そういった性質の子が多いんじゃないだろうか。

もちろん自分より弱い子に対しても、優しく寛容な犬も多いし
自分より弱い子に対して容赦がない子の場合も、あくまでも飼い主がリーダーとして
コントロールし、事故が起こらないように日頃から注意を払い、慣れさせていれば
行動は違ったものになるはずだ。
その犬の性質は世話をする人間ならある程度わかっているはずだし
管理の仕方もそれにあったものでなければ意味がない。

おそらくこの犬達は4歳の子供を『家族』だと、『噛んではいけない』対象だとは
教えられていなかったんではないだろうか。

2匹の犬は保健所に収容されたという。
犬を飼う人間は、他人事と思ってはいけない事件だと思う。

詳しい記事・・・
[PR]
by fumi_mama | 2009-10-18 23:18 | 犬の躾とトレーニング

キケンキケン・・・

ここ数日、うちの青ちゃんが興味を持ってるもの。
それは・・・
f0066862_015129.jpg

          キッチンの排水溝のふたです。。
           黒いゴムの部分・・・

ちょこちょこいじったり、かじろうとしてるのは知ってましたが
結構重いし、排水溝から外すには力もいるから、と放置していました。
(そのうち飽きるだろうと)

・・・先ほど、午後八時くらいでしたか私がキッチンに行くと
黒いゴム部分が消えていました・・・・

慌てて探すと、キッチンの入り口に落ちていました。
・・・危ない、危ない。
青が持ち出すこと自体に大きな被害はないんだけど、我が家には黒と白のオオカミがいるので
ボロボロになるところだった。。。
明日から対策考えないと。

   ミキサーのフタとかも、こうして青が持ち出し⇒テンがかじる・・・
   という経路で再起不能となりました・・・。    

f0066862_0222730.jpg

   私がPCデスクにいると足元にはワンコ達と、青さんの姿も。
   呼ぶと来るし、飼主の後ついてまわる犬のような猫さん。

f0066862_0243229.jpg

最後に秋の公園でのテンさん。
[PR]
by fumi_mama | 2009-10-17 23:09 | 日常風景

お久しぶりです。

テンです。

皆さま、いかがお過ごしでしょうか。

f0066862_12562611.jpg

札幌は朝晩の冷え込みが強くなってきたけれど
家は朝は日差しが入るので結構暖かいの。

でも夜になると寒くて、ボクは暖房(早い・・)の前に陣取ってます。
ストーブ発明した人は偉いぞ。

f0066862_12563837.jpg


青ちゃんは猫さんなのに寒さに強いから
いつも寒がりのボクを冷ややかに見てるけどね。。

f0066862_12564817.jpg


へへ。
[PR]
by fumi_mama | 2009-10-16 12:55 | テン

よ~く考えよ~。

先日フジTVの「ニュースJAPAN」で犬猫問題が放送されたとか。(見てなかった)

最近はテレビや雑誌で取り上げられる事も増えてきたせいか
こうした問題を知って、胸を痛める人も増えている。
現実を知るのは良いことだ。

・・・なんだけど、多くの人の関心は行政施設での処分に集中する傾向がある。
問題の本質はそこに行き着く過程、日本のペット産業のあり方、飼主の考え方の方に
あるはずなんだけど。
少しづつ欧米の先進国並みに知識を持とうとする飼主さんは増えているけれど
まだまだ全体のレベルは低いのが現状。

愛犬の服買う(日本人的)費用や、トリミング代は惜しまない飼主さんが多い一方
トレーニングをすることに関しては
『お金かかるんでしょ?』などと、悪びれない返事がかえってくる。。

お散歩中に会うワンコ達にも『もったいないなぁ、こんなに頭良い子なのに』と
思ってしまう子にしばしば遭遇する。
『いや~、うちの子は頭良くないから』と言ってる飼主さん。
誰(犬)だって教えてあげなきゃ出来るものも出来ませんよ。。

先日、お散歩中に出会ったワンコと飼主さん。
さすがに見かねて、ついつい聞いてみたりする。
『この子、トレーニングとかは入れてないのかな?』
(元気いっぱいの大型犬雑種が飼主の奥さんを右に左に引っ張りまわしていたので・・・)
『いや~、お金かかるんでしょ?』(笑顔)
ワタシ『・・・奥さん、足とか腰にきません?』(ワンコの散歩で)
『そうなのよ!この前も腰を痛めちゃって!』
ワタシ『・・・・』

・・・他人事ながら心配になった。
シェパードの血が入ったかのような大型犬はまだ1歳で無邪気だが
このままの調子でいけば、先が思いやられる。。
既に飼主の奥さんを、甘くみているような行動だった。
詳しくお話を伺うと、この犬は迷い犬で(当時は子犬)センターに連れて行かれそうに
なったので自分が飼うことにしたとか。(連れて行かれたら殺されると思ったそう)
その時の想いを熱く語る奥様。
確かにお優しい。

しかし・・・
『ご飯のお皿をさげようとすると噛まれそうになるから、飽きるまで触れないのよね』
『TVチャンピオンでやってた、カリスマドッグトレーナーの真似してみたんだけどなかなか・・・』
『家の中で飼おうと思ったんだけど、暴れて大変なんで結局外で飼うことにしたの』

・・・・ちょっと想像してしまった。
札幌のセンターに収容されても、子犬は人気が高く希望者が多いから一般譲渡されたはず。
もしかしたら、そこの家ではもう少し違った飼われ方をしていたかもしれない。

などと、飼主の制御を全く無視するワンコを見て思ってしまった。。
・・今1歳かぁ。。
このまま2歳になったらどうなるのかなぁ・・・。
(落ち着いてくるor更にパワーアップしちゃう・・?)

何かの拍子に、犬が普段以上の強い力で暴れたらどうなるだろう。
飼い主さんはコントロールしきれるだろうか。
純粋に『力』だけの問題ではなく、『主人』として。

問題がもっと深刻になってから考えるのかもしれないけど
”犬のコントロール”という話題が、飼い主さんの間でもっと当たり前に
なったら良いのにな。


ペット先進国への道は遠く険しい。(色んな意味で・・・)
[PR]
by fumi_mama | 2009-10-16 00:28 | 動物愛護

抜歯は終わったのですが

先日、歯を折ってしまったふみ。

翌日には歯科専門の病院で診ていただいたんだけど
割れ方が良くなくて、結局抜歯することに。。

病院の方の都合で手術は10日あまり先の9月14日に決定。
せっかく(?)全身麻酔をするのであればと、ついでに腹部の超音波検査を
お願いして、各臓器をチェックしてもらうことにした。

血液検査や尿検査、検便なんかは定期的に行っていて
今まで特に問題はなかったふみ。

、、、、、が。
健康優良児のふみ、、、と思っていたのに意外にも引っかかってしまいましたよ。。。(涙)
特に気になったのは腎臓で、ふみくらいの大きさの犬に比べて小さいという。
と、同時に血流の流れがあまりよろしくない。

尿検査をしてみると比重も低い。。

あちゃー・・・。

病院の方でさらに細かい検査に出してもらった所、とりあえず今すぐは問題なし。
ただ経過観察はした方が良いとのことでした。

先生は私の気持ちを考えてくれたようで、不安そうに見えたのか
『だからといって早死にすると決まったわけではなくて、長生きして子もいるから・・・』と
優しい言葉をかけてくださいました。(良い人だ)

・・・ごめん、先生。
私、わりと病気慣れしてるせいか、実は大きなショックを受けていなかった。
内心『あ、そうなんだ。早めにわかって良かったわー』くらいで。。
(だってふみ、死にそうにないくらい元気だし・・・汗)

しかし、このK先生、私向きだなぁ。
検査機器もいいの入れてるし。

私『先生、この病院のエコー検査機器、いいですねぇ。普通の病院じゃあ、あんまりないです』
K獣医師  『これは僕の趣味で・・・』

などと、ちとマニアックな会話を交わす。。

検査好きな私の琴線に触れるぞぉっ。

とりあえずふみは今のところ元気です☆
f0066862_12593162.jpg

             検査のため、そられたお腹
f0066862_12595559.jpg

                   でも元気!
[PR]
by fumi_mama | 2009-10-05 12:50 | ふみ

札幌で保健所出身のふみと 暮らす預かりワンコ達の新しい飼主探しの日記


by fumi_mama