☆ふみふみ日記☆

fumimm.exblog.jp

札幌で保健所出身のふみと 暮らす預かりワンコ達の新しい飼主探しの日記

<   2008年 10月 ( 11 )   > この月の画像一覧

本能

が去勢手術をして3週間が経ちました。

生後5ヶ月での去勢手術
ちょっと早いかな~とも思ったんだけど、若い方が本猫の負担も少ないし
回復も早いからと決断したんだけど、、、後でそれは正しかったんだと思った。

去勢手術を行うのは、発情のストレス軽減と、本能のコントロール
もちろん望まない繁殖を防ぎたいという目的がある。

とはいえはまだ子猫だし、猫のマーキング(スプレー行為)などで
悩まされているわけではない。
そうした行為を覚える前に、発情の本能が目覚める前にと手術を行ったつもりだった。

しかし、、、
手術の次の週から変化は現われました。

手術前までは、外に出たがるそぶりを見せていました。
それは生後4ヶ月目くらいから始まった行動でしたが、私は単に
「大人になって外への好奇心が強くなったから」ぐらいに思ってました。
うちはマンションで、ドアの外は建物内の共有廊下で、間違って外に出る危険はないし
それほど「困ったな」とも考えていなかった。

男の子だし、女の子より冒険心はあるよね。(くらいにしか)

手術前には何度か、ドアから廊下に出てしまうこともありました。
だって私が外出・帰宅する際には走ってドアをすり抜けようとするんですもの。。
廊下に出たは何かを訴えるように
「ナァ~オウ」と大きな声で鳴いている・・・。

でも生後4ヶ月だし、いくら猫の繁殖力が強いといってもまだ早いよね?
と、ちょ~っと嫌な予感を覚えつつ、、、、
発育が良いので早めに手術を決めた理由にもなりました。

手術後のさん
外への執着がパッタリと止んだかのように、外へ出たがるそぶりを見せなくなりました。
もちろん好奇心は残っていますが、ドアを開け放すことがない限り
あえて外へ出よう(出なくちゃ!)という差し迫った欲求は消えたようです。

そういえば、知人にオス猫を飼ってる人がいるんですが
生後半年くらいで(未去勢)、1度脱走されたことがありました。
1週間くらいで戻ってきましたが。。

本能ってスゴイ。。。(そして怖い)
[PR]
by fumi_mama | 2008-10-24 12:40 | 犬猫の健康管理

猫の餌やり規制条例

東京都荒川区で、カラスや野良猫への餌やりや、自宅に大量にゴミを
ため込んだ「ゴミ屋敷」を規制する条例を12月に制定、来年4月から施行するという。
違反者に罰金を科すということで、一部の猫好きさんからは
『猫に餌をやって何が悪い!』と反論する声もあるらしい。

それは知ってたんだけど、、、、。

今朝TVのワイドショーで迷惑住民の行動が映し出されたのを見た。
・・・絶句しました。。

夜も明けきらないうちから、おじさんが生肉を道路に撒き散らしてる。。
それが物凄い量。。。
百聞は一見にしかず、とはこのことだ。

私も猫は好きだし、保護したいとは思うけど、道路に生肉が撒き散らされてる地域に
住みたいとは思わない・・・。
周辺住民の心痛はいかばかりだろう・・・。

その周辺住民の声は、猫よりもカラスに対する苦情がどうも多いようだ。
まぁ、道路に生肉が落ちてるんじゃぁ、カラスも大量に集まってくるだろう。
その糞の被害も大きくて、洗濯物も干せないとか、、。

この生肉、夏場はあっという間に腐るだろうし、悪臭をはなつというのもうなづける。

区の担当者によると規制の対象に考えているのは
悪質な餌やり』さんとのことで、なんでもかんでも取り締まる、という
ニュアンスではないようだ。

「ゴミは財産」我慢の限界 荒川で罰金条例 カラスに悪臭…苦肉の策

インタビューに答える(?)おじさん
「近所の迷惑?知らねーよ!」と悪びれる様子はない。。
条例が出来ても、死刑になっても続けるとか。(死んだら無理でしょ)

カラスの鳴き声、ハエも大量発生・・・
うわぁ~って感じ。。

そもそも、猫にご飯をあげるだけで「保護」ってことにはならないでしょう。
それだけでは栄養つけて、どんどん繁殖して、子猫が生まれて・・・
本当にそれが「保護」って思ってる猫好きさんは多いのかな??

ご飯をあげるにしても、自宅の敷地内で食べ終わったら掃除もして
捕まえることが出来るなら不妊手術をしてあげるのが最低限。
(その上で理想は飼ってくれる人を探すことだけど)
ご飯をあげるということは飼い主と同じことでもあるのだから。
(そこまではしたくない、出来ないと言っちゃオシマイよ)

どんどん子猫さんが生まれても、カラスが多ければ食べられる子も
多いんだろうなぁ。。。(カラスがこれまた凄い数!)
目をつつかれたりして、楽な死に方でもないだろう。
街中には車も多いけど、小さくて動きの速い子猫は車にもよく轢かれる。
無事に大人猫さんになっても、エイズや白血病の危険も多い。
それはそれで一種「自然の摂理」なのかもしれないけど、人間の手で
『増やされた』猫というのは、やはり自然ではないのだと思う。

山に行って野生動物に餌を与えるのはいけないと、多くの人が知っている。(と思う)
なぜいけないのか、人間の側に住む猫さんに接する時にも考えて欲しい。

もちろんお腹をすかせた子がいれば可哀想と思って、食べ物をあげたくなるのは
人情だし、とてもよく理解できる。
でもせめて最低限のルールは守らないと、人間と動物の共生とは
いえないのではないだろうか・・・。
[PR]
by fumi_mama | 2008-10-21 12:21 | 動物愛護

子猫さんの懐かしい画像

デジカメの画像を整理していたら懐かしい画像が出てきました☆
f0066862_2224464.jpg

f0066862_22241831.jpg

                みんな小さかったねぇ。

生後3週間になるかならないかの子猫さんたち。
離乳はおろか、排泄も自分でできない・・・
私はまるで悪夢を見ているようでした・・(本音)

発見当日は主治医が快く引き受けてくれて
神様に見えたものです・・。
しかし主治医の病院は、看護師さんが辞めたばかりで
電話も先生自らがとっている状況。。
子猫たちが命の危機を脱したら、引き取らねばと覚悟を決めました。

先生「大変だよ~(笑)」
(・・・先生だって大変じゃん・・・人が良いんだから・・・)

引き取ることは決めていたものの、まだ離乳前で排泄も自力ではできない。
平日の昼間は仕事に出てるので、クリアしなければいけない問題があった。

会社に一緒に連れていかなきゃ無理だとわかっていたので
狡猾な私は、上層部から説得にかかった。
専務、総務部長、技術部長の了解をもらってから、直属の上司に報告。(ズルイ)
専務と総務・技術部長の了解済みと言われれば、渋い顔をしながらも
了解しないわけにはいかないからね・・。
(なんとかしようと思えばなんとかなるもんです と思うよ)

しかし仔ニャンズは私の声や姿に反応してビャービャー泣き喚く。。
(他の人だと息をひそめて静か。見分けてるのに驚いた)
仕事にならないので、会社の地下室に滞在してもらいました。
朝私と一緒に出勤して、昼休みに排泄とミルク、夕方にまた排泄とミルク・・・
一緒に出勤してたのは、2週間ちょっとだったけど、後で聞くと
色々な人が子猫たちを見に行っていたらしい。
           
  こんな画像もあった!(当時は余裕がなくてアップできず)
  懐かしい~!(まだ4ヶ月しか経ってないのねぇ しみじみ)



    子猫さんたちの動きは三倍速の世界・・・



ちなみに・・・
仔ニャンズの遊び場となっていた和室。
その後テンの隔離スペースとなりましたが・・・
いくつか不幸に見舞われたので(それまでにも見舞われていたけど)
畳を全て交換することになりましたとさ。。(苦笑)

      保健所やセンターには飼主が「うっかり」産ませてしまった子猫が
      たくさん、たくさん持ち込まれます。
      猫の繁殖能力を甘くみないでください。
      猫を飼うなら不妊手術は必須です。
      「手術は可哀想」などと思わないでください。
      誰かが繁殖させれば、その分他の子猫の生きるチャンスがつぶされます。

      「できるだけ自然のままに」などと、どうか思わないでください。
      本来の”自然”というのは過酷なものです。
      人が食べ物を与える生活は、すでに”自然”なものではありません。
      たくさん産まれるのは、本来はそれだけ生存が難しいから。
      自然という過酷な状況を生きる為に、授けられた能力です。
      人間がご飯を与えてバランスが取れるわけがありません。

      子猫たちを「殺して」いるのは、本来猫が好きな人たちです。
      深く深く考えてください。
      「ついうっかり」増やしてしまう前に・・・。

[PR]
by fumi_mama | 2008-10-16 22:11 | 4ニャン

マーキング

男の子ワンを飼う時に、気になるのがマーキング。
(女の子ワンでもするけど)

これは性格もあると思う。
気の強い子はやっぱり高い位置にオシッコしたがるよね。

オーレなんて保護してすぐは、ウンチを高い高い場所にしたくて(ナゼニ?)
木の幹にこすりつけたり、公園の岩の上でしたりしたので
最初はビックリしたものです。。
(汚れるし、処理しにくいので、わかってからはさせないように注意しました)
去勢手術をしてからは、そこまでのコダワリは見せなくなりましたが。

さてテンの場合は、室内トイレをマスターするまでは3、4回ほど
室内での粗相がありました。(マスターしてからはないけど)
室内トイレでは足をあげず、しゃがみます。
外では時々足をあげてしてました。

、去勢手術後は、気が付くと外で足をあげることがなくなりました。
というより、外での排泄回数が減っている。
外でのオシッコはマーキングの意味合いが強いんだけど、それが確実に減った。

去勢手術とマーキングの関係って、正直あんまり気にしてませんでした。
(去勢手術はマーキング低減が主目的ではないので)

年齢を重ねてからだと、マーキング癖がついてしまうので
あまり効果は期待できないかな?とも思ってたけど、テンは若いせいかなぁ。

室内でアチコチオシッコされて困る、色々躾をしたが効果がなかった、って
とある飼い主さんが言ってたことがあるけど
なんで去勢手術してなかったのかなぁ。。。(今思えば)
確か犬を放棄した理由の一つになってたはずだけど・・・。
獣医さんにも相談したって言ってたのに・・・。
摩訶不思議。。

繁殖の予定がなければ早めにした方がいいですね。
[PR]
by fumi_mama | 2008-10-14 12:56 | 犬の健康

バリケン~

テンがうちに来て、2ヶ月が経ちましたよ。

最初は固まって固まって、ビビリまくってるワンコさんでした。

人間が怖くて、人間社会の色んなものも怖かった。
未知への恐怖と、経験から生まれた恐怖がありました。

でも幸いなことに、テンは若かったし、繰り返して味わう根が深い恐怖と
いうものは経験してなかった。(と思う)

リハビリ期間中にジワジワと苦手克服のトレーニングをしています。
最初の一ヶ月はひたすら室内での生活に慣れてもらって
私と遊んでばかりいましたよ。(笑)

外でパニック起こしたりして、アクシデントで逃げちゃうのが怖かったのもあった。
(パニック起こすと、私からも逃げようとするのでね)

とりあえず私を信用してくれるようになれば、クリアできる問題だったので
テンのペースで時間をかけてました。

チョコちゃんを思い出すなぁ。(笑)

最初は遊ぶのも怖くて、音が出るオモチャも怖い~。(笑)
私が近づくとアワアワと逃げていました。

でもやっぱりワンコは遊びが好きですね。
私と遊ぶことが好きになってくれました。

バリケンは捕獲箱で捕まえられたせいもあってか、もの凄く怖かった。
無理に中に入れると足がブルブルしちゃうくらい。。
部屋にあるだけでも怖いみたいなんで、最初の3週間くらいは室内のバリケンを
全部撤去しちゃいました。(でもバリケンがないと不便なのよ・・)

テンが室内に慣れたので、再びバリケン設置。
そのまま再び2、3週間くらい。
側にあることは受け入れたらしく、あまり怖がらなくなりました。

でも中に入るのは怖い~。(笑)

オヤツを中に放っても「怖いから嫌~!!」って、結構頑固。

頑固、頑固。
これはふみと同じタイプだな。。(自主的に入るのに1年くらいかかるかも)
ちょっと邪道だけど(お薦めしませんよ)、テンの性格ならイケル!と判断して
無理にバリケン投入!(オヤツつき)
怖いからオヤツは食べてくれない。うんうん。
いいよ、じゃ、外で食べようね。

これを2度ほど繰り返すと、、、テンの表情が変わってくる。
「あれ??思ったほど怖くないかも・・・」
バリケンの中でオヤツを食べられるようになりました♪

ここからは早かったです。

オヤツをバリケンに投げ入れると、ビクビクしながらもとりに行く。(進歩)
それから気がつけば、自分からオヤツもないのにバリケンの中に入ってチェック。
「怖くないじゃん」と納得してるのがわかる。

                「テンちゃんハウス!」

f0066862_23123040.jpg

                え~   これでいいの・・・?

そうそう、オヤツはハウスで食べようね。
うちは多頭飼育だし、猫さんもいるのでバリケンは必需品。
テンは、怖くないってわかると順応は早いのよね。

バリケンって怖くないでしょ? 落ち着くでしょ?
お母さんの言った通りでしょ?(笑)

f0066862_23183186.jpg

                     うん 落ち着くね        
f0066862_23184032.jpg

  いつの間にか自分から入って寝てるし。(笑)

ワンコ用のバリケンの上に、用のバリケンも設置してます。
f0066862_23281460.jpg

f0066862_23282664.jpg

バリケンに慣れてると、車で移動したりする時便利ですよね☆
[PR]
by fumi_mama | 2008-10-14 12:21 | テン

段ボールが好き

テンは段ボールを噛むのが好きだ。

まだお子ちゃまだからなんでもカミカミしたいお年頃なんだけど
段ボールは特にお気に入り。

ワンコが自由に出せるオモチャ箱の段ボールも破壊した。
(今は二代目の段ボールを再び破壊しようとしてる)

まぁ、段ボールだし
散らかったりするのが少し面倒なだけで、被害といえるもんでもないんだけど
困ったのがコレ    なんだかわかるかな?
f0066862_12432357.jpg

の爪とぎなんだけど(うちではの好みで段ボールタイプを使ってます)
左の方がテンがうちに来て少しした頃、手をつけてくれたものです。。

まぁ、床にそのまま置いてあるから仕方ないといえば仕方ない。
の爪とぎは床と、壁にひとつづつセットしてあるんだけど、床タイプは
4ニャンがいた頃からので(被害にあったやつね)、一番古くて使い込まれていた。
もちろんには新しい爪とぎを進呈したんだけど、古いほうが好きらしく
ボロボロにされてる方を好んで使う。。

・・・そろそろ捨てちゃ駄目かなぁ。(悩)

       そんな私の悩みなど関係なく、テンは今夜も歯磨きタイム待ち。
f0066862_12522440.jpg

                       『びしっ!』

歯磨きを嫌うワンコが多いらしいけど、うちの成犬の保護ワン族は
なんでか皆さん、歯磨きを嫌がりません。
・・・というか待ってます。(笑)
うちでは毎日寝る前に磨いてるんだけど、私が洗面台の前に立って寝る準備を
すると、皆今か今かと待ち構えてくれる。
「今日は面倒だな~」って日も当然あるけれど、そんなことは許されない空気が
漂ってるのよ。。(この目を見て・・・汗)

もちろん歯磨き自体が好きなんではなくて
お目当ては美味しい歯磨きペーストの味!(笑)
なんだけど、ストレスなく歯磨きしてくれるんならいいのよ。
成犬からでも歯磨きの習慣はつきますよ!っていう例でした☆

歯磨きといえば、そろそろ青もはじめようと思ってリサーチしてます。
小さいお口にあう歯ブラシがあるかな~。。
[PR]
by fumi_mama | 2008-10-08 12:39 | テン

ハジケテマス。。

テンです。

最近お母さんから『キャラが変わった』って言われます。
”キャラ”ってなぁに?
f0066862_21513265.jpg


お家の生活にはすっかり慣れました。

ここのお家では、ウンPをした後はお尻を拭かれます。
最初はものすごくびっくりしたけど、今では「テンちゃんお尻は?」って言われると
ちゃんと大人しく待ってるの。

ボクがウンPをすると、青ちゃんが走ってきて片付けてくれるんだよ。
小さいのに凄いよね!
でもその青ちゃんを、なんでだかお母さんが慌てて捕まえてます。
青ちゃん、お母さんが片付けるから・・・!』って言ってる。

・・・でも青ちゃん、なんでボクの時だけ急いで来るんだろう。。
ふみちゃんがした時は、平気なのに。               
f0066862_2255835.jpg

        『テンのは臭いからだよ!!』    『なにおう!』

----------------------------------------------------
ちなみに・・・・・・
青さん、去勢手術したばかりですが食欲が
もの凄いことになってます。。
ちょうどキトゥンから、アダルトに切り替えたところですが
今までドライだけだと嫌がって残してたのが、あっという間に完食。。
育ち盛りだけど気をつけなくちゃぁね・・。
[PR]
by fumi_mama | 2008-10-06 23:00 | テン
さて青さん、手術の時に血液検査をお願いしてました。

血液検査は一般的な健康チェック。
結果は特に異常なしですが、血液検査では腎機能や肝機能の数値を含め
表面的にはわからない色々な情報が含まれてます。
青さんもワンコ同様に、今後年一回検査していく予定です。

今回は猫白血病と猫エイズの検査も一緒にお願いしました。
生後5ヶ月なので、そろそろ検査結果が落ち着く頃だし。
(幼猫の場合、母猫からの以降抗体や感染の時期などの問題もあり
検査結果が正確でない場合も多いそうです)

これが怖くて、姉妹猫さんの募集の時には先住猫さんのいないお宅を選びました。
猫飼いさんでもそのあたりの知識がほとんどない人が多い印象です。。。
というか、先住猫がいて生後2、3ヶ月までの小さい子を希望するのは
個人的には少しバクチに近いような気がします。(保護しちゃったのとは違うし)
もちろんちゃんと知識があって、検査の結果がはっきりする年齢まで
完全に隔離するっていうくらいの人なら安心ですけどね。
先住猫さんがいる場合は、何度か検査する(検査方や時期も変えて)など
念には念をいれることも必要かもしれません。

病気の猫を差別することなく受け入れるのと、健康な猫にうつっても構わないと
いうのは、全く違うことだと思うので。
(複数飼いの場合、感染猫がいたら生活の場を分けたり、食器を変えたりと
飼主が正確な知識を持つことが重要。・・・手放すのではなく)

たち兄妹は生後3週間くらいで保護したので、可能性があるのは母猫からの
母子感染。(母猫さん野良ちゃんだし)
保護当時の健康状態から、可能性は低い方だと思うけど確認は必要です。
f0066862_1258123.jpg

f0066862_1258151.jpg

  写真を撮るまでに時間が経っていたので、下の方がにじんでますが「陰性」です
           (検査直後は綺麗に確認できたそうです)

f0066862_15291837.jpg

頂いた冊子です。
ちょっとドキっとするコピーですね。

猫の約5~10%以上が猫白血病ウィルスに
約10~30%以上が猫免疫不全(猫エイズ)に感染してると報告されているそうです。
思ったより多いですが、検査をしてない潜在的な感染を考えると
10%以上、30%以上という不確定な数字が怖いです。
本当はどれくらい多いんだろう。。

冊子には「もらわない」「あきらめない」「ひろめない」で
大切な愛猫を守りましょう、とありました。
抜粋します。↓

   『もらわない』
   病院で血液検査を受けること。それが感染予防の第一歩です。

   まず血液検査を行い、感染の有無を確かめましょう。
   未感染であれば「室内で飼う」「去勢手術をする」「他の猫との接触を避ける」
   などの方法で感染をガードします。(感染猫との接触により感染する)

   『あきらめない』
   感染しても諦めないで下さい。愛猫を勇気付けるのは飼主さんの愛情です。

   感染・発症しても、平均寿命より長生きする猫も少なくありません。
   愛猫が安心して過ごせる環境を整え、各々の症状にあわせた対処療法を
   行うことで、寿命を延ばすことも可能です。

   『ひろめない』
   他の猫に感染させない。飼主さんの守るべきマナーです。

   ウィルスに感染した猫は、他の猫にとって脅威です。
   特に「放し飼いにしてる」「複数の猫を飼っている」という飼主さんは、感染を
   拡大させないよう注意が必要です。

   飼主さんたちが正しい知識を身につけ、感染を未然に防ぐことが大切です。
   予防を徹底し、全体の感染率を低下させることが
   最終的に猫をウィルスから守ることにつながります。


北海道の条例では、猫の放し飼いは禁止されています。

また1度検査で「陰性」の結果が出ても、その後「外に出てしまった時期がある」
「複数頭飼い」している場合は、何度か検査した方が良いかもしれません。
かかりつけの獣医さんに状況を説明して、意見を聞いてみることをお薦めします。

他の生き物と暮らすというのは、単に”癒し”を求めるだけではすみません。
自分と違う生態を持つ相手を守るためには知識が必要です。
大事な愛猫が苦しまずに暮らせるように、出来る限りのことをしたいですね。
[PR]
by fumi_mama | 2008-10-04 12:37 | 犬猫の健康管理

青の去勢手術のこと

昨日は仕事帰りにを病院まで迎えにいきました。
さすがに慣れない場所でキンチョーしていたらしく、大人しかったとのこと。
を入れていったキャリーも置いていってたんだけど、その中の毛布に
もぐりこんでいたそうです。

去勢手術は問題なく終了。
子猫ちゃんなので、手術跡もホントに小さくて済んだとのこと。
        術後の患部はこんな感じ↓
f0066862_12272220.jpg

縫ってません。
猫さんの去勢手術の場合は、切開した部分をそのままに
する先生もいるとのことですが、は切開した部分を外科用の接着剤で
つけてもらってます。(タテに白く見える部分がそう)

術後は患部の周りについた消毒液が残った部分を気にして
舐めてたくらいで、患部をシツコク舐めることもありません。
エリザベスカラーはなしで、本猫はものすごく元気です☆

帰ってからすぐトイレに直行。(我慢してたもんね)
それから朝ごはん抜いてるせいか、ご飯モリモリ食べました。
院内で緊張して疲れたのでしょう、その後ぐっすり寝てました。
翌日にはいつも通り飛び回ってましたよ~♪
f0066862_12334794.jpg

                     元気っす。
[PR]
by fumi_mama | 2008-10-04 12:02 |

一足早く

兄弟ニャンの先陣を切るように本日青さん、去勢手術をしています。

ようやく5ヶ月になったばかりの。(しみじみ)
前回”月齢詐称(?)”の疑いをかけられたかもしれないので
今回は生えてきたばかりの永久歯を見て先生も納得。

               先生 『やっと5ヶ月ってとこかな』
f0066862_1371927.jpg

f0066862_1372864.jpg

・・・そう  青さんはまだまだお子ちゃまです。。

    たとえ現在  3.35キロあっても。(涙)

・・・診察台にのせた時の体重見て、先生は体重計の設定が間違ってると思ったらしく
『あれ?変だな。設定が間違ってる』って言うから青をどかしたんだけど
そしたらメモリが0.00になったよ。。
ナニカノ間違いではないのね。。(遠い目)
f0066862_1374024.jpg

f0066862_1374854.jpg

   青さん、どこまで成長する予定ですか?
   ニャンコ用のキャリーにおさまり切れなかったら、中型犬用があるからいいっか。
   (涙・・・)
[PR]
by fumi_mama | 2008-10-03 12:17 |

札幌で保健所出身のふみと 暮らす預かりワンコ達の新しい飼主探しの日記


by fumi_mama