☆ふみふみ日記☆

fumimm.exblog.jp

札幌で保健所出身のふみと 暮らす預かりワンコ達の新しい飼主探しの日記

<   2008年 06月 ( 11 )   > この月の画像一覧

4週間の長ぁ~い授乳期を経て、ようやく離乳期にはいったんだけど
子猫さんたちにとって、私はいまだにお母さんらしい。

まだ哺乳瓶でミルクを与えていた頃は
私の顔を見れば『びゃあああ~・・・びゃあああ~・・・・』と
小鳥の雛のように鳴いていたけど(今でもそうだけど)

離乳期の今は、私の身体に這い登ってくるのだよ。。。

ご飯の時は一番ひどくて、私の背中だろうが腕だろうが構わず登ってきます。
これが痛いのなんの・・・
ジーンズはいてても痛いんです。。(涙)

一応爪は切ってあるんだけど、なんか1~2週間くらいで、元通りの
鋭さが復活してる気がする。
伸びるのが早いのか、はたまた研いでるのか・・・(疑)

f0066862_23534561.jpg

f0066862_2354054.jpg

          死にかけの芋虫・・・あおさん。
[PR]
by fumi_mama | 2008-06-26 00:54 | 4ニャン

ケージ拡大

子猫さんの成長に合わせ、ケージも拡大。
(といっても犬用ケージを2台つなげただけ)
f0066862_2328591.jpg


   遊び用にと、猫さんの大好きな段ボールを入れてあげました。
     これ、実は2階建てなんです。(中で分かれてる)
f0066862_23291576.jpg

     気にいってくれたようで遊び狂ってます。
     画像は猫たちのあまりの速さについていけず、ありませんが。。
f0066862_23311263.jpg

     猫はやっぱり高いところが好きですねぇ~
     狭い段ボールハウスの屋上に、たまってくつろいでます。
     (注:これは少し前に撮ったもの。今は3匹しかいられません・・)

             ああ、成長についていけない・・・
[PR]
by fumi_mama | 2008-06-24 23:31 | 4ニャン

☆子猫さんの里親募集☆

■年齢:8週~(2008年4月末から5月第1週に生まれたと思われる)
アメリカンショートヘア系の雑種

<<現在の状況>>
犬用ケージを改良したスペースに4兄弟で入っています。
遊び時間は電気コードなどのない和室を開放してます。
排泄は猫用トイレで。(使用しているのはトイレで流せる紙タイプ)
食事は1日3回
猫用の缶詰と粉末フード、猫用ミルクを混ぜた離乳食を与えています。
(整腸剤としてビオフェルミンを使っています)
保護当初から4週間ほど人口哺乳をしていたせいか、兄弟みな人懐っこいです。

<<医療ケアの状況>>
◎糞便検査 1回目・5/27 2回目・6/7 虫卵は検出されず。
  (定期的に糞便検査は行い、駆虫プログラムを行う予定 )
◎ワクチン 3種混合ワクチン接種 第1回目は6/21に実施済み
◎耳ダニ無し
◎ワクチン接種より3週間空けた7月に、猫白血病・猫エイズの簡易検査を実施予定。

[経緯]
会社の敷地内で鳴いているところを保護しました。
GW期間中、人の出入りが少ない時に野良猫が産んで育てていたものと思われます。
(発見当初は1頭が衰弱、他のコも脱水症状が見られましたが、現在の健康状態は良好)

[その他]
条件は札幌近郊に在住
混合ワクチンの費用負担をお願い出来る方(実費のみ)
不妊手術を当然のことと思われる方
完全室内飼い、脱走防止に配慮してくださること
迷子札・マイクロチップ等の飼い主明示措置をとっていただけること
ご家族にアレルギーがないことが確実であること

○子猫ですので電気コードなどを齧る場合があります。
  (お留守番の時はケージに入れることをお薦めします)

○健康状態は良好ですが、猫白血病・猫エイズの結果が判明するまで他の猫との接触は
  避けるべきと思いますので、先住猫のいるご家庭につきましては慎重に
  検討させて頂きます。 (犬や人間にうつる病気ではありません)

○保護主宅の先住犬(中型犬の雑種、メス4歳)と遊ばせています。
  犬との同居も可能ですが、犬の性質にもよりますのでご相談ください。
  同居についてのアドバイスもさせて頂きます。

------譲渡の流れ------
詳細を電話で確認の上→お見合い→双方の合意が得られたら譲渡となります。
譲渡の際は、その場でお渡しすることはありません。
当方からお宅にお届けにあがりますので、その点をどうぞご了承ください。
社会性等を考慮して、お渡しは原則として生後2ヶ月以降となります。

その他質問などがありましたら、どうぞお気軽にお問い合わせください。

<注意>他の兄弟猫と同時に募集していますので、希望する子猫が決っていましたら
    メールの際に、子猫の仮名を明記してください。
    実際に子猫に会ってから決めたいという要望も歓迎します。 
               飼主さん決定しました☆ 

子猫たちの詳細(写真)はこちらをクリック!
[PR]
by fumi_mama | 2008-06-24 01:43 | 4ニャン
こんな記事を見つけてしまいましたよ。。。
<一躍人気の「がけっぷち犬」逃走! 一時野犬に>

2006年の11月、日本中のTVで有名になった
あの『崖っぷち犬』ですね・・・。  当時の記事↓
<助かったワン! 徳島市の眉山斜面、孤立の犬を救出>

救出された後は『引き取りたい!』という人が殺到し、結局は抽選で
新しい飼い主が決まったそうです。
そのニュースを見た時、マスコミ各社は『幸せになりました!』報道一色
でしたが、私は内心ホンマカイナと怪しんでいた記憶があります。
抽選って・・・。

譲渡の方針は各自治体によって違うので、譲渡前に希望者に講習会を
義務付け、飼い主としての自覚や義務、犬の飼い方を教える意識の高い
自治体も少しづつですが増えているようです。

何故、そんなことが必要なの??
助かったんだからいいじゃない!

・・・と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、犬の幸せは
譲渡の瞬間で決まるものではなく、その後が一番大切だからです。

引き取ったはいいが、こっそりと放棄する飼い主さんも
いらっしゃいますし、放棄するつもりはなくても『逃げてしまった』
『いなくなった』という飼い主さんも後を絶ちません。

これはちょっと・・・と周囲が眉をひそめる飼い方をされる人もいるでしょう。

札幌も他人事ではありませんね。(抽選だし)

『崖っぷち犬』の例でいえば、元々人馴れが難しかったとも聞いていますので
そういう犬の場合は、普通の犬に対して以上に配慮するべきだったと思います。
譲渡された後、飼い主が呼び戻しの訓練をいれ、社会化のためのトレーニングを
していればこうした”事故(?)”は避けられたのではないか??
と思ってしまうのは私だけでしょうか。。。

飼い主の責任ってなんなんでしょうね。

しかし抽選って。。。(札幌市もだけど)
[PR]
by fumi_mama | 2008-06-23 12:10 | 動物愛護

大きくなりました☆

更新さぼり気味ですが(汗)、子猫さんたちは元気です。

悩まされた離乳も先週ほぼ完了し、ようやく離乳食へ切り替わりました。
お皿から食べてくれるだけでも時間が節約できるので大助かり!
f0066862_0464946.jpg

         離乳食は数種類の缶詰をブレンドして使います。
           (なるべく色んな食材を使うようにしてます)
f0066862_050545.jpg

                 それとドライフードの粉末
f0066862_0511129.jpg

      それに粉ミルクを混ぜたものをお湯で溶かして出来上がり☆
f0066862_0524076.jpg

      ・・・お皿がマチマチですが・・・
             みんなよく食べて、大きくなりました~♪  

             ・・・そしてゴローがいなくなったので、ふみは淋しいんじゃないかと
             心配してくれた方々・・・(ゴメンナサイ)



       ふみは毎日楽しく過ごしています。(注:虐待ではありません)
       ゴローはどうでもいいのか。。

さて1回目のワクチンも済んだし
そろそろ子猫さんの募集をはじめますか。
[PR]
by fumi_mama | 2008-06-22 23:38 | 4ニャン

完璧な犬

6/1のセミナーを聞いた感想を少し書きます。

講師の菊地先生が、犬と暮らす上で基本となることを
わかりやすくお話ししてくれました。

犬にとって必要なこと

それは自分本位の猫可愛がりではなく

人間と犬は別の生き物であること、犬本来の生態を勉強することは

犬が本当に求めているものを理解することが、犬と暮らす上で基本になります。

また飼い主側の理解不足は、間接的に問題行動の原因につながる場合もあるそうです。

・・・しかし、これは日常生活において、ついつい忘れがちなことでもありますね。。
わかってるようでわかってなかった部分もあったと、自分の生活を振り返ってみる
良い機会でもありました。

また私にとっては、セミナーの中で菊地さんがおっしゃった一言が
強く印象に残り、また共感できるものでもありました。

『飼い主にとって完璧な犬はいない』

犬の困った部分を探すのではなすのは簡単なことです。
でもどんな犬にも、なにか一つは誉めてあげられることがある。
そこをもっと認めてあげることが大切だと、セミナーで学びました。

奇しくもこの言葉は私がセンターから犬を引き出す際に
よく使うものでもありました。
『完璧な犬なんていない』
だからこそ人間も努力できるし、その過程が”絆”になるから。


   最後に突然ですが・・・

   実はゴローちゃん、少し前から初めてのトライアルに出てまして

   このたびご家族の方から『ゴローちゃんを家族に迎えたい』
   お返事を頂くことが出来ました。

   菊地先生はじめ、ゴローはたくさんの方にお世話になりました。   
   ゴローを気にかけてくれた皆様、直接お手伝いくださった方々に
   この場をおかりして改めてお礼申し上げます。
   
              本当にどうもありがとうございました。
[PR]
by fumi_mama | 2008-06-11 12:49 | 犬の躾とトレーニング
(6/11追記)

私は生態展示販売をしているペットショップが嫌いです。

そこからペットを「買う」ことも反対の立場です。

「売れ残っていたから」「可哀想だったから」で買われる飼い主さんも
中にはいらっしゃるかと思いますが、それもやはり店側としては
単に「売れて良かった。また次の子を仕入れよう」という結果にしかならないので
悪循環という気がしてなりません。。

「どうぶつ病院診療日記」ぽこ先生がこんな記事を書いてらっしゃいます。
現在進行中の”事件”です。
日本のペットブームの罪の深さが垣間見えます・・・

”事件”の詳細・経過はしば先生の『開業獣医の独り言』 で直接確認できます。

ペットショップから購入した犬の血統書・・・
どこどこの犬舎から来た・・・

自分のペットがどんな環境で産まれたのか
その親犬がどんな環境にいるのか
自分の目でちゃんと確認されましたか?
”繁殖工場”の”製品”ではないと
業者に儲けさせ、また間接的に他の犬の悲劇を招いてはいないと
確かに言えますか?

「買う」人間がいるから成り立つ「商売」・・・とても悲しい現実です。
どうかその現実のひとつを直視してください。
[PR]
by fumi_mama | 2008-06-10 17:49 | 動物愛護

ミルクは別腹??

乳歯も生え揃ってきているというのに、我が家の4ニャンは
いまだ完全離乳できず。。。

缶詰の離乳食も好みがウルサく・・・(涙)
4ニャン全部が食べてくれる銘柄選びが難しい。

それでも最近はようやく、お皿から食べてくれるようにはなった。

が、しかし、、食べた後で、ニャンニャン騒ぐのだよ。。

  『ミルクくれ~!ミルクくれ~~!!!』

私の身体に這い登ってくる4ニャンズ。。
ミルクを哺乳瓶であげると、ゴキュゴキュと飲むこと飲むこと。。

とはいえ、今は一番栄養補給が重要な時期。
将来丈夫な猫になるためにも、しばらくは仕方ない。。

  土曜日に2回目の糞便検査をしたけど、いまだ虫さんは確認できず。
  寄生虫によって駆虫薬は違うし、確認できない状態で駆虫薬を投与するのは
  主治医の主義ではない。(特に体力の無い子猫さん場合)
  ウンチの状態も良いし痩せてもいないし、まだ無理に駆虫薬は与えないことにしました。
f0066862_23155340.jpg

                キャリーの中で大人しく眠ってます。
[PR]
by fumi_mama | 2008-06-08 22:26 | 4ニャン

素人判断は危険です。

5/24の記事できーちゃんのお腹の調子がイマイチだったことを
書いたんだけど、誤解があるかもしれないのでちょっと補足を。。

------------以下24日の日記抜粋---------------------------------------------
  ・・・が、しかし22日の木曜日、お昼休みに授乳と排泄の世話をした時
  軟便がたくさん出て、食欲が無くミルクを拒否した時は焦った。。

  とりあえず夕方の授乳時間まで待って、食欲が無ければ病院に行こうと
  思ってたんだけど、夕方には復活!(ミルクごくごく飲みました)
  翌日のウンチも健康だったので一安心。
------------------------------------------------------------------------------------

・・・読み返してみると、様子を見ているうちに元気になったので
病院には結局行ってないようにとれるよね~。。。

・・・え~と、確かにきーちゃんの食欲は復活したし、ウンチも大丈夫だったんだけど
夕方復活してからも心配だったので、念のため病院に行ってました。
行く前に主治医に電話して、様子を話した上で判断をあおぎました。
主治医が健康チェックして、検便して(まだ虫は確認できず)
駆虫は体力的にもまだ出来ないので、整腸剤のビオフェルミンを出して
もらって、家で様子をみることになりました。
子猫さんは容態が急変することもあるし、主治医に診ていただいて
安心することができました。

飼い主さんの中には、動物病院で診てもらわずにネットで相談したり
知り合いの自称「猫ハカセ」やら「犬ハカセ」にアドバイスをもらって
様子をみてる人も少なからずいるようです。
個人的には、お勧めできる対応とは思えません。
様子を見てるうちに悪化させてしまう飼い主さんが多い話を、獣医さんから
よく聞きます。

ゴローさんが、療法食食べて、腎臓の数値がよくなった時も
『できればこのくらいの時から療法食食べさせてくれると助かるんだよね。
 重症化してから連れてくる飼い主さんが多いんだけど、悪化すると食欲ないから
 療法食も食べてくれない。  ・・・手遅れになることも多いから』

 と、獣医さんがしみじみ仰っていたことを思い出します。

相手は人間ではなく、言葉を話せないイキモノです。
症状に表れるのが唯一のサイン。
そのサインを見逃すことなく、どの子もケアしてもらえますように。
そう願わずにはいられません。
その子の異常を発見してあげられるのは、飼い主さんだけなのですから。
[PR]
by fumi_mama | 2008-06-05 12:24 | 4ニャン

離乳に悩む

子猫さんたちは順調にお育ちです。
   
   きー 479.70g、 あお 636.26g、 しょう 544.93g、 くー 455.14g
 
        (・・・・4にゃんを入れたキャリーが重いのなんの・・・・)

家にあった小包用のダンボールを入れてあげたら
f0066862_23592529.jpg

                 ・・・みんな入っちゃいました・・・

さて改めて、子猫さんたちの紹介です。
発見当初は一番弱って、死にかけの芋虫のようだった あおさん
f0066862_01824.jpg


主治医から愛情を込めて、ブサイクコンビ(片方はあお)と呼ばれている くーちゃん
f0066862_022447.jpg


食いしん坊でおっとり、オモチャが大好きなしょうちゃん
f0066862_044295.jpg


小柄だけど、利発で活発なきーちゃん
f0066862_0462980.jpg


そろそろ一ヶ月で離乳の時期なんだけど、まだまだ離乳できません。。
離乳の缶詰を食べてくれない仔もいるし、離乳缶詰食べる仔もミルクも飲む・・・。
あんまり早く離乳させると身体に良くないみたいだし
のんびり考えるようにしましたけどね。
ビオフェルミン入れたミルクのおかげか、お腹の調子もいいみたいだし
今の所皆さん健康にお育ちです。
(トイレも全員マスターしました♪)

この調子なら、もう少ししたら駆虫できるかな~。
[PR]
by fumi_mama | 2008-06-02 23:44 | 4ニャン

札幌で保健所出身のふみと 暮らす預かりワンコ達の新しい飼主探しの日記


by fumi_mama