☆ふみふみ日記☆

fumimm.exblog.jp

札幌で保健所出身のふみと 暮らす預かりワンコ達の新しい飼主探しの日記

<   2006年 11月 ( 12 )   > この月の画像一覧

言葉だけでは・・・

   その人は言った

          『犬を捨てる人間なんか信じられない!』

                    そうはっきりと口にした。

   


   センターから一般譲渡されて新しい飼い主さんの家へ行ったワンコ。

   でもほんの一月で手放された子。

   その飼い主さんの家の人は
        『だからセンターにいた犬なんて引き取るのは嫌だった』と言ったそうだ。
        『センターに戻す』と・・・

   

       次の飼い主さんは、その子の事情を知って受け入れてくれた。
       病で若くして逝った愛犬の分まで、最期まで大事にしてあげたいと。


    その数週間後・・・・そのワンコはまた手放された・・・
    飼い主さんは、その仔の性質をよく理解してあげることが出来なかった。
    

       次の飼い主さんは、その子を見た途端気に入ったそうだ。
       そのまま家に連れて行きたいと頼み込み、そうした・・・

   次々に飼い主が変わるのは犬にとって大変なストレスである。
   私の預かりっ子ではなかったものの、心配になって譲渡の席に
   立ち会わせてもらった。
      新しく飼い主になる彼は言った。
             『犬を捨てる人間なんて信じられない』と。
       
                             簡単にそう言い切った。

    でも犬と接する彼の姿には、責任の重みが感じられなかった。
    その仔が遊びたくて暴走した時、彼らは他の人が連れているワンコを
    見て『可愛いね~』と無邪気に笑ってた・・・
    
        この家族では無理だ・・・

           だがワンコはその家族に譲渡されてしまった


     ワンコが再び手放されるのはわかっていた
     それがいつかはわからなかっただけで・・・


          そうして
     
              数ヵ月後、ワンコはやっぱり手放された







犬との暮らしは毎日続く生活だ。
基本的には『センターにいた犬』『ペットショップから買った犬』
責任の重みに変わりはない。
安易な同情だけでは続かないのもまた現実。
自分のライフスタイルにあっている犬か、自分が扱いきれるかどうか
冷静になって考えるという、本当に最低限のことを忘れてはいけない

言葉なんか安い・・・
犬を捨てる人間なんか信じられないと言った人間が、犬を捨てる・・・

  『センターにいた犬を引き取ってやった』
  『ただの犬だから』

  そう考える人は結構多い・・・


    『センターにいた犬』も普通の犬と変わりはない。
    お金も時間もかかる。
    『助けてやった』と自己満足に浸るアクセサリーではない。
    
    『最初に捨てた飼い主が悪いんだ。自分は違う』
    そんな言い訳を聞いたこともある。


       最初に捨てた飼い主も、何番目に捨てた飼い主も、犬は自分で選べない・・・


 命を救えばその命に対して、責任が生まれる


   それは里親探しをする人間にも言えること
   その仔の一生を見守る責任が生まれるのだから

     
           里親を見つけたら終わり!
           良かった~!おめでとう~!!
           幸せになりました!
           めでたし、めでたし~


                   ではなくて、まさにそこからが本番。。。
                   犬と飼い主との生活はそこから始まる・・・    
[PR]
by fumi_mama | 2006-11-30 23:50 | 動物愛護

雪である

ここは札幌・・・そろそろ銀世界に包まれる予感。

先日軽~く(?)積雪があった。
根雪にはまだ早い(そう信じたい!)けど、ワンズの散歩風景はこんな感じ。

f0066862_032331.jpg


                 ☆近くの公園☆    携帯の画像♪

f0066862_0332614.jpg

                オーちゃんも楽しそう♪

       ふみの冬対策レインコートを着せる予定だったけど・・・ 
       男の子って、予想外にサイズが・・・(オシッコ問題クリアできず 涙)
       真冬になったら、防寒コートを着る予定です。
f0066862_0372992.jpg

   ここんとこ仕事が混みこみで、休日も出勤・・・  (涙)
   それでも出勤する前に、普段よりゆっくり遊ぶ時間を作ってサービスするも・・・
         もっと時間がとれる仕事に変わりた~い!(ごめん・・・)
f0066862_0423638.jpg

       ふみは雪の上でこうしているのが大好き♪
       8mのフレキシリードで爆走した後、休憩してるところ。


そして発見が・・・
  オーレ・・・雪になると外での『座れ』、お尻浮いてます。。(冷たいのね)
  ふみ姫・・・  冬服がぱっつんぱっつん・・・・・・・・・やばいぞ・・・・・
[PR]
by fumi_mama | 2006-11-26 23:26 | 日常風景

もしも日本で・・・

最近、海外で犬に噛まれた日本人が帰国後に狂犬病を発病した事件が報道された。

もしも日本で狂犬病が発生したらと考える。

   『うちの仔は狂犬病に感染する危険はないからワクチンを打たない』
   そう考える人は意外に多い。
   狂犬病ワクチン接種以前に、犬の登録すらしていない飼い主さんも
   残念ながら、また多い・・・。
   登録していても、狂犬病ワクチン接種をしていない飼い主さんもいるだろうし
   実際のワクチン接種は4割くらいだという話もある・・・。
   

        そんな状況でもし日本で狂犬病が発生したら?

     
    まさか中国のように飼い犬までもが、駆除の対象になるとは思わないけど
    飼い主のいない犬達は・・・?
    収容された犬達に対する見方は変わらないだろうか?
    北海道は狂犬病が発生しているロシアからの船が寄港しているし、札幌から
    近い小樽なども、危険性が指摘されている地域だ。
    (小樽市における狂犬病サーベイランスの現況)
    ロシアの船が寄港する場所で放浪犬を見かけると、”ロシアから来た犬”と
    して、地元の人たちは敬遠すると聞いた。
    狂犬病は恐ろしいが、放浪犬や収容された犬に対する見方が変わるのも
    同じように恐ろしい・・・。

狂犬病は犬だけではなく、全ての哺乳類に感染性を示すという。
狂犬病について(宗谷動物愛護推進委員の日記より)
狂犬病による死者は世界で毎年5万人を越えているという・・・。
近年ペットブームが起きてる中国で、発症が激増して社会問題になっているともきく。
 
  土曜日のTVで、狂犬病を発症した幼い子供の映像を見た・・・。
  水を怖がる行動・・・発症すれば死亡率はほぼ100%・・・
  数十年前までは、日本でも同じような光景があったのだろう・・・
  狂犬病予防法改正を望んでいるけど、飼い主の意識が低いままでは・・・
[PR]
by fumi_mama | 2006-11-25 00:58 | 動物愛護

シンジラレナ~イ!

  我が家のリビングの一角(通常ならダイニングにあたる場所)は
  書斎スペースになっている。
  そこの窓際に置いてある机の上に、パソコンをおいてあって
  私はいつもそこでPCをいじっている。

     我が家の床はフローリングなので、冬は冷たい・・・。
     オーレは私がPCをいじってると、机の下にもぐりこんで
     私の足元にはべるのが好きだ。
     今日も私がPCをいじってると、オーレがゴソゴソと足元に来る気配。
    
     ・・・しかし、何をゴソゴソしてるのかと見てビックリ!

f0066862_103445.jpg

           
 
     ・・・・オーちゃん・・・わざわざ自分で座布団もってきたの?

  (注:この座布団はふみのオモチャとして買った100金製でオモチャ箱にあったはず)
      
天然娘のふみに慣れている私は、オーレの賢さに驚く・・・。
暖かい場所はいくつもあるけど、私がPCいじってる近くにはないので
オーレなりに考えたのね。(お見事)
[PR]
by fumi_mama | 2006-11-23 23:48 | オーレ

謎のグルメ

最初にオーレに会いに行ったのは5月1日だったと思う。
GWの中日で雨が降っていた。

   収容犬の画像で姿は見ていたはずなのに、実物はちょっと違った・・・。
   収容犬の画像では、ガリガリに痩せて、健気な瞳をしていたのに・・・。
   
     私 『・・・・画像で見た時より、体重増えてるみたいですね』
     獣医さん『最初の頃より、肉がついたからね~』
 
  センターの餌入れには常にフードが入ってる。
  ちょっとした”食べ放題”システムだと思う。
  オーレの餌入れの中にも、沢山のフード・・・もうお腹一杯なのかしら?
  ・・・違った、オヤツは別腹らしい。(食べる食べる・・・)
  しかも目つきの悪い目で吠える吠える・・・。(健気な瞳はどこへ・・・)


放浪期間があることがわかったので、念のためにエキノコックス検査などもした。
道端に落ちている枯葉まで食べるオーレ・・・。(涙)
お腹がすいて、ネズミとか食べたかもしれないと思ったから。(涙涙)

 
      が、しかし・・・・・
     
          オーちゃん、生肉は好きじゃないらしい・・・(おい!)
          
          
f0066862_044692.jpg

        『ええぇ~・・・、だぁ~って、生でなんか食べられないよ』

f0066862_0442621.jpg

                『・・・・・・・・無理。(気持ち悪ぅ)』

    我が家では、スーパーで売ってる鴨なんかの心臓やレバー、砂肝などを
    たまに生で与えてるんだけど、オーレの反応はさっぱり。。。
    オーちゃん、生でないと取れない栄養があるんだからね。
    
  生のまま与えてもどうしていいかわからないらしく、モタモタ・・・
  ・・・してるうちに狼犬ふみに襲われる・・・
  仕方ないので、表面軽く炒めて、レア風にしてあげると食べるけどね。

f0066862_044395.jpg

      『・・・別に無理にあげなくても、ふみが食べてあげるのにぃ』
[PR]
by fumi_mama | 2006-11-21 12:42 | オーレ

オーレの歯

オーレがセンターにいる時から気づいてたんだけど
実はオーちゃん、歯がちょと欠けてるの。
f0066862_1315773.jpg

             前歯とか     
f0066862_1321852.jpg

              横の歯とか。。

   私てっきり最初、センターの檻をガジガジしたのかなと思ったのよ。
   んでセンターの獣医さんに聞いてみたら

      『え~、見てた時はそんなことしてなかったけど(困惑)』との返事。

    じゃあ夜とかに齧ってたのかな?
    よほど硬いものじゃないと歯は欠けないし・・・

           なもんで、本当は隔離しなきゃいけない期間
           オーレを完全にケージに入れておくのは怖くて出来なかった・・・。
           獣医さんに見せると、幸い歯髄までは出てないので、治療は
           しなくても大丈夫とのことだったけど、ケージの檻を齧ったら
           さすがに歯髄出ちゃうと思ったのよ。(痛い~・・・)

    が    しかし
    最近になって思う。
       
       オーレは、当初こそ『ケージは嫌だ!出せ~!!』と完全抵抗の姿勢
       だったけど、すぐに大人しくケージで寝てたりしてたし
       齧ったところも見ない・・・

             オーちゃん、一体何齧って歯が折れたの??
          
       
      とはいえ、オーレが来てから半年も経つので、さすがに行動は読めてきた。
      たぶんね・・・想像だけど、繋がれてた鎖を噛んだんじゃないかな~。
      外でのオーレは、わりかし何でも口にする。。
      センターの周囲に生えてたタンポポの花を、根絶やしにしかけたとも聞く。。
      噛むことが大好きなオーレ
      退屈が大嫌いなオーレ
      手近にあった”退屈しのぎ”に、繋がれてた鎖をガジガジしたんだと思う。
      聞けば、そういうワンコは意外にいるらしい。
      
   でもね、室内ではオモチャを齧るくらいで、ほとんど悪戯しないのよね。
   お部屋の中だと、安心できるのかしら?
   それともふみがいるから遠慮してるのかな?
 
      なんにせよ、歯は大事にしてね。
f0066862_1535742.jpg

                          『はぁ~い』
[PR]
by fumi_mama | 2006-11-19 23:29 | オーレ

雪が積もったら

ふみは雪が大好き!
 
          積もった雪の中で転げまわるのもだ~い好き!!

      しかし、最近のオーレを見ると、少々不安が・・・

f0066862_23223295.jpg

                   『ここが一番暖かいの』


 ・・・大丈夫か?オーレ

 冬用の暖かい上着は買ってあるし、中にも一枚着ておけば
 そんなに寒くないと思うんだけど

    なんていうか、オーレの場合



    気持ちがすでに負けてる   
                            ・・・って感じ?(寒さに)


f0066862_23283882.jpg

                 『違うもん』        『や~い』


    今年は本気でコタツ購入を考えたけど(オーレのために)
    そんなことをすれば、ますますアンダーコートが生えなくなっちゃう!し
    やっぱり電磁波が心配なので断念・・・
    コタツなんか買ったら、オーちゃん絶対入りっぱなしだろうしね・・・。
[PR]
by fumi_mama | 2006-11-15 23:16 | オーレ

飼い主さんに求めること

札幌は雪が降りました。
霙混じりの嫌な天気でした。。。

昨日も雨。
午前中1時間ほどワンズに運動をさせ、午後からは私のもと預かりっ子チョコちゃん
チョコ母さんと一緒に、トレーニングクラスの見学に行ってきましたよ。
(またも写真は撮り忘れ・・・)
パピークラスを拝見させていただきました。
本来ならチョコちゃんは今月で1歳、パピーといえる月齢ではないのですが
クラスにいた他のワンちゃん達との遊び方も問題なく、性質も穏やかなので
講師の菊地三恵先生から
   『パピークラスから入られても全く問題ないですよ』と言っていただきました。(喜)

  お母様は熱心にクラスの様子を見学してくださいました。
  もっと早くにパピークラスに入ればいいのに、と考えられるかもしれませんが
  チョコちゃんの人馴れ、飼い主さんとの信頼関係がもっとしっかりしてからと
  一番にチョコちゃんのペースを考えて下さったお母様・・・本当に頭が下がります。
f0066862_1752280.jpg

                     『我が家にいた当時』
  
    犬も人と同じく、それぞれに個性があります。
    マニュアルにただ従うだけでなく、自分の愛犬の状態を見て判断することも
    大切ではないかと思います。
    
    このご家族にチョコちゃんを託して良かった!
    改めてそう思います。
    チョコちゃんの飼主さんに名乗り出てくださったご家族に私が求めた
    一番の要素は忍耐でした。
    そしてチョコちゃんと生活するにあたっての苦労を、喜びに変えられる・・・
    そんな気持ちの強さ、豊かさ、柔軟さだったと改めて思いました。

  チョコちゃんは素晴らしい家庭犬への道を、ゆっくりと自分のペースで歩んでいます。
  信頼できるご家族に見守られながら。

  本当にどうもありがとうございます!!
[PR]
by fumi_mama | 2006-11-12 16:25 | 犬の躾とトレーニング
今日は、ふみとオーレのフィラリア症予防薬の服用日です。
(うちは少し遅めの時期に設定しています)

犬フィラリア症は、よく知られているように蚊が媒介するフィラリアという寄生虫が
犬の肺動脈や心臓に寄生して起こる病気です。

でも先日知人の愛犬が、予防薬を飲んでいないと知ってビックリ!

    『だって北海道にはフィラリアはいないから』

                 ・・・・い、一体どこでそんな情報を・・・??(汗)

                         確かに本州に比べると、感染率は低いけど

    北海道でもフィラリア症に感染する犬はいます!

北海道でフィラリア寄生が認められた頭数(2003年の調査結果)

これは調査に協力した動物病院の回答から得たデータなので
飼い主が発症に気付いていなかったり、気付いても病院にかかっていなかったり
回答に協力していない動物病院の患犬を合わせると、潜在的にはもっと沢山の犬が
フィラリア症に苦しんでいると思われる。

   北海道で蚊にさされることはありませんか?
   家の中にいて、蚊にさされたことはありませんか?
   (↑家の中で飼ってるから予防は必要ないという人もいる・・・)
   お散歩には行かないのですか?

      私が子供の頃住んでいた関東で、愛犬はフィラリア症にかかりました・・・。
      飼い主の無知で予防をしていなかったんです。      
      当時より治療の技術は進歩していますが、予防に勝るものはないと思います。      
[PR]
by fumi_mama | 2006-11-10 12:36 | 犬の健康

日本での浄化作用

『LIVING WITH DOGS』さんで、ブリーダー破綻(アメリカ版)の記事が載っていた。

その中で『アメリカはパピーミル発祥の地ではあるが、アメリカの良いところは
      必ず悪を認め自浄作用も共に行うことでしょう?』と書かれていた。

  確かに・・・。
 
  アメリカに限らず、ヨーロッパなどキリスト教圏では、人間は『罪を犯す』前提が
  あるせいか、罪を犯した後の『償い』や、後処理に長けている気がする。
  なにか事件が起きたら、それを教訓にして新たなシステムを作る。
  検証作業をしっかりするのが当然という風潮。
  1995年に起きた『地下鉄サリン事件』でも、当事国でないアメリカが行った事件の
  検証に比べ、日本はまともに検証を行っていないと批判があったことからもわかる。
  
    事件の悲惨さ異様さに目を奪われて、冷静な視点での検証が不十分・・・。
    『こんな異様な事件、二度と起こらない』
    そんな意識がどこかに働いてないだろうか?

    広島ドッグパークの事件が話題を集めているが、今度こそ教訓と出来ますように。

    『破綻したはずの悪徳ブリーダーが復活?』
    ・・・こんなことにはなりませんように・・・。
    記事の中に、当事メディア等で騒がれ、里親募集で引き取られた犬たちが
    実際には飼いきれず、再度、愛護団体に引き取られた犬達も多かった
    ともある。
          
人間は弱い生物だと思う。 
『悪い人』『良い人』でわけるのではなく、誰しも間違いを犯す。
そういったことを前提にしないと、事件が起きる度に『想定外』などと、簡単に
言い逃れをしようとする人間が出てくる。    
大きな事件が起きた後の対応こそが、再発防止につながるのだから。
[PR]
by fumi_mama | 2006-11-08 12:13 | 動物愛護

札幌で保健所出身のふみと 暮らす預かりワンコ達の新しい飼主探しの日記


by fumi_mama