☆ふみふみ日記☆

fumimm.exblog.jp

札幌で保健所出身のふみと 暮らす預かりワンコ達の新しい飼主探しの日記

2006年 05月 31日 ( 1 )

『名前のない犬』

オーレは雑種だ。

最近はミックスっていう言い方が主流になってきているらしいが
私は雑種という呼び方が嫌いではない。
    
     ふみはよく          
           「なんて種類の犬?」
           「スピッツが入ってるんじゃないの?」
           「ボーダーにこういう種類いるよねー」
             
    などと言われたりするが、私は「コテコテの雑種ですよ~♪」と答えている。

トイプー+ミニチュアダックス+チワワを飼っている知り合いには
    「雑種じゃなくて、そういう種類ですって言っとけばいいじゃん」とか言われる。

彼に言わせれば、ふみは『名前のない犬』だそうだ。

       『ちゃんとお金を払って買った犬の方が確かだ』とも、言われた。
   
   特に反発は感じないが『確かな犬』ってなんだ??とは思う。
   バーゲンで買ったチワワが、それほど素晴らしいとも思えない私の
   感覚って、変なのかなぁ~。
   
   自分の犬が2歳になっても、トイレの躾を入れられない人間に言われても
   全く悔しくはないんだけど(上から目線)、そういう価値観も存在するのが面白い。

オーレは収容犬情報として画像が出ていたので
センターにチェックに行った時、問い合わせがないかどうか聞いてみた。
        『名前のない犬はね~・・・』と、残念そうな答えが返ってきた。

オーレの後に収容され、飼い主の迎えが来ないまま一般譲渡になった
『名前のある犬』は、抽選になるほどの人気だったらしい。
収容犬情報として画像に出るだけで『名前のある犬』は問い合わせが
殺到するという。
「里親になりたい!」との申し出が多いそうだ。(迷子だった場合は譲渡にならないけど)

  センターの方達から可愛がられたオーレ。
  とても性格が良いので、一般譲渡されるようにと努力していただいた。
  
犬を判断するときに、普通人はどこを見るのだろう。
毛並み?性格?
それとも『名前(犬種)』なんだろうか?

『名前のある犬』『名前のない犬』も同じ命。
同じ収容犬・・・その運命を左右するのは、人間に変わりはない。

                 幸運を祈る気持ちに変わりはない。
[PR]
by fumi_mama | 2006-05-31 16:45 | オーレ

札幌で保健所出身のふみと 暮らす預かりワンコ達の新しい飼主探しの日記


by fumi_mama