☆ふみふみ日記☆

fumimm.exblog.jp

札幌で保健所出身のふみと 暮らす預かりワンコ達の新しい飼主探しの日記

2006年 05月 08日 ( 1 )

ようやく札幌も暖かくなってきました。
そろそろ桜も咲く時期で、ワンコとのお散歩には本当に良い季節になりましたね。
新しくワンコを迎えて、初めての春って方も多いと思います。
お外に出る機会が増えたとき、心配になるのが万が一の事故・・・。
その為にも      
          呼び戻しの訓練はぜひとも入れてあげてください。

呼び戻しが出来てると出来てないでは万が一の瞬間
ワンコの動きは全然違ってくると私は思います。

ふみに起きたケース・・・

①散歩に行こうとマンションの入り口に出た瞬間・・・・首輪の金具が外れた・・・
当然いきなりノーリード状態。
運悪くちょうど通りかかった通行人の女性は犬が怖い人・・・
しかし、ふみは金具が外れた瞬間、異常を感じたのか慌てて私の腕の中に戻ってきた。
ことなきを得たが、女性に怖い思いをさせたのは言うまでもない。
幸いとても良い方で、平謝りの私に「気にしないで」と言ってくださった。
これは、金具の状態をきちんと確認しなった私のミス。

②獣医さんに行こうと、行き慣れない道をふみと歩いていたら、突然の吹雪・・・
軟弱モノのふみは、びっくりしたのかリードに逆らうように少し暴れた・・・
「あっ」と思った瞬間・・・首輪はすっぽ抜けた・・・
しかし、ふみは名前を呼ぶ私の声に異常を感じ取り、慌てて私の腕の中に戻ってきた。
道路に面した道だったのでゾッとしました。
これも首輪を緩めすぎた私のミス。(その後胴輪に変更)

胴輪が抜けたというケースも聞きますから、どんなことにも油断は禁物だと思います。
うっかりリードを放してしまったというのも、何回かありますし・・・

当然首輪に鑑札をつけたり、迷子札を付けるのは大事なことです。
しかし、なにより一番怖いのは・・・・

それにドッグランのような場所でも、完全に自由にして良いというわけではありません。
来ているのはフレンドリーなワンコばかりではないですから、そんな時もやっぱり
『呼び戻し』が出来るのに越したことはないと思います。

か~な~り前置きが長くなってしまいましたが
そんなわけで、明日は『呼び戻し訓練』について。
偉そうに言っていながら、私自身まだまだビギナー・・・
なので、ふみが覚えたやり方と一般的なものを少々・・・
いろんなやり方があると思いますが、皆さんの経験からもぜひともっ
お知恵を拝借したいと思います。

よろしくお願いしま~す♪
[PR]
by fumi_mama | 2006-05-08 12:21

札幌で保健所出身のふみと 暮らす預かりワンコ達の新しい飼主探しの日記


by fumi_mama