☆ふみふみ日記☆

fumimm.exblog.jp

札幌で保健所出身のふみと 暮らす預かりワンコ達の新しい飼主探しの日記

それをボランティアというのだろうか

動物には全然関係がない話だが・・・

休日の自宅にピンポーンと来客があった。

『わたくしボランティアで、皆様のお宅を訪問させて頂いているのですが・・・』

前置きは延々と続いたが、要は聖書関係の訪問勧誘だ。
たまに高校生がやってくることもあるが
      『学生で休みを利用してボランティアをしてるんですが・・・』

まず第一声がボランティアでしていますだ。

団体のマニュアルで指導してるのか、まずボランティアを前面に出す。

今日来たのは大人だし、今年からマンション管理組合の理事になってるのもあって言ってみた。
(個別の訪問販売とか、オートロック内部の進入が問題になってるのだ)

私 『それはボランティアじゃないですよ』

相手 『え・・・、、いえ、私は無償でやっていますので・・・』



無償であれば何でもボランティアだというんですか?
ボランティアというのは困ってる相手を無償で助けるのがボランティアですよね?
誰が困ってるんですか?私ですか?
私が何を困っていて、何時あなたに助けを求めましたか?
自分の主義に勧誘するために、勝手にお宅を訪問してまわるのを
ボランティアって言うんですか?
それって個人の趣味に近いんじゃないですか?
あなたの話を聞く時間を割く私の方がボランティアですよね?
申し訳ないですけど、そんな時間も気持ちもありません。
それに個別訪問はうちのマンションはご遠慮くださいと、入り口に記載して
あるんですよ。(読めないのか?)
それをあえてやっているならそちらの評判も落ちますし、不利益になるんじゃないですか?


相手 『・・・・・・・わ、わかりました。それでは今後こちらには訪問しませんから』

是非お願いします。

誤解されては困るが、私は宗教に否定的な人間ではない。
どんな宗教、思想を信じようと、それは個人の問題だし、尊重するべきだと思ってる。
しかし押し付けはいけない。
それでもあえて人の気持ちや信念、宗教観を変えてひきつけようとするのなら
もっと話術を鍛えてから来て欲しいものだ。

しかし、こういう勧誘の人で、それが上手かった人には
子供の頃からお目にかかったことがないが・・・。
[PR]
by fumi_mama | 2011-04-24 15:14 | ニンゲン社会のこと

札幌で保健所出身のふみと 暮らす預かりワンコ達の新しい飼主探しの日記


by fumi_mama